神保町花月「いきるきっかけ」

@神保町花月 19:00 A9

ジャンポケ初主演!12期だから、今までで一番の若手になるのかな?
なんだかチケットが売れてないらしいけど、なんでだろうなぁ。みんな行こうよ。

ストーリーは、「URAKEN」の脚本家さんが書いたというのが頷ける感じの、ちょっと退廃的でダークな雰囲気。
でもアットホームで人情味あふれてて、ジャンポケにピッタリだと思った。
見てる方は、途中で真相が全部わかるんだけど、登場人物はわからない状態。
ちょっとしたサスペンス要素もあるから、ハラハラすることもあるし。
そんなこと言ったらダメだよ!とか感情移入しながら見ると楽しさ倍増。
やっぱりこの脚本家さん好きだわ~。

それぞれの芸人さんの特徴だったり持ちネタだったりがふんだんに盛り込まれてて、誰のファンでも楽しめるはず。
ジャンポケもシューレスさんもライスも好きな私は、全部でニヤニヤできた。
「セレーサ」のときにちょっと苦手だなぁと思ってた大塚さん、今回はすごく綺麗でカッコ良くて、ホレボレ。役によってこうも印象が変わるもんか。
くすのきさんは初見だけど、可愛らしい方で表情が細かくて、上手いと思う!芸人さんなのねぇ。ビックリ。
KBBYも出番は少なかったけど、息ピッタリで上手く馴染んでた。今回は女性の比率が高いから、もっと出てもいいのに。

斉藤さんの歌だったり、武山さんのよく通る声だったり、太田さんのキレのある動きだったり、シューレスさんの安定感あるセリフ回しだったり、田所さんの悪い顔だったり、関町さんの絶叫だったり、私の好きな要素がたくさん詰まった公演だった。
まだまだ初日だし、これからちょっとずつ変わっていくのかな。
次は土曜日。どんな進化を遂げるのか、楽しみだなぁ。

そうそう、1公演につき1名様だけ、“アタリ”があるみたいですよ。
私は残念ながら外れたけど、まだチャンスはある!当たるといいなー!

拍手する

2 Responses to “神保町花月「いきるきっかけ」”

  1. かおり

    昨日行かれてたんですね~。

    私も初日見に来ました!

    皆お芝居も上手いし

    本当に素敵な舞台なのにもったいない限りですよね。

    エンドトークの自虐もたまらないし(笑)

  2. ナオミ

    愛の賛歌メンバーですから、みんなお芝居は上手いですよね~!
    良い作品ほど売れてない気がするのです…。
    自虐はライスの定番ですからね。毎日あの自虐コーナーが続きそうな気がしますよ。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">