東京シュールベイビー~しずるになりたいGP~

@北沢タウンホール 15:00 SB1

家城さんと田所さんがマイクを持って登場。
完売公演のはずなのに、最前列に空席があるのは何故?と疑問を持つ田所さん。きっと肉巻きの誘惑に勝てなかったんです!と力説する家城さん。

まずは先日のシュール本公演で行ったアンケートで、メンバーそれぞれの「しずるになるために足りないと思うこと」を見ていく。
華やかさ、演技力、ファッション、運、若さの5項目。
華やかさでダントツ票数を伸ばすライス。中肉中背が2人いたらダメなんだと家城さん。犬の心は池谷さんのお陰で健闘しているらしい。かたつむり林さんは華があると思われている。確かに今日のメンバーの中では唯一鮮やかな色の服を着ている。
演技力はさすがにみんな足りないとは思われていない。犬の心0票は素晴らしい!カリカ1票は、生理的に受け付けないのでは?と推理する家城さん。
ファッションの項目になった途端に前に出されるライス。服装はオシャレなのに何を着ても似合わない田所さん。阿部ちゃんはダサい服でもカッコ良く着こなす。
運については特に何も無いようで、子供の頃の運が良かった話などを持ち出すメンバー。宝くじで10万当てたことがあるかたつむり林さんが優勝(?)
若さはやっぱり年齢が若いライスやかたつむり林さんが有利。

ここからは、しずるになりたい芸人たちにネタをやってもらいましょう!
囲碁将棋、マヂカルラブリー、インポッシブル、少年少女、ジャングルポケット、少年感覚、御茶ノ水男子、遠藤逸人、チョッキ。
ネタ終了後は、しずるのネタを元にしたコーナー。MCはカリカ林さん。
優勝者には村上さんの書いた3分ネタをもらう権利と、「しづる」と名乗る権利、かたつむり林さんの代わりにシュールメンバーに入る権利が与えられる。
林さんの代わり、のあたりで客席からあがるブーイング。「民の声を聞きましたか!?」

目隠しで10回転し、一度だけ相方の名前を呼んで相方と抱き合うことができるか。
最初に挑戦したライス、目隠しをした関町さんの真横で大きな音を立てて脅かす林さん。関係ないのに怯える田所さん。2人が近寄って見事に抱き合い、関町さんが田所さんを舞台に押し倒す。MC林さんに「ハグより先に進まないでください!」と注意を受ける。
囲碁将棋、文田さんは一歩も動かずに根建さんが吸い寄せられるように移動して抱き合った!なんだったんだ、あれは。
犬の心、押見さんが名前を呼ぶときに「おし…」と自分の名前を言いかけるが、見事に成功。ここはお互いにさん付けで呼ぶのね。今更だけど不思議。
ジャンポケは3人で。武山さんが名前を呼ばれないという事態に陥るが、ちゃんと太田さんと斉藤さんが武山さんの方に寄ってきてた。通り過ぎそうになる太田さんを斉藤さんが捕まえた!
かたつむり林さんは遠藤さんとペア。「大ちゃん」「はやと」と呼び合うことを事前に決め、見事に成功。
ポイズン、阿部ちゃんがまっすぐに客席の方へ向かっていき、そのままダイブ!池谷さんが止めようとしたけど間に合わず、客席に転げ落ちた!騒然とする会場。「誰か向き変えたでしょ」と見えない敵を探す阿部ちゃん。
舞台から落ちそうになる人たちを、身体を張って止めるMC林さんと池谷さん。夏のプロデュース公演でも似たようなことしてたなぁ。

ブルーベリーを蹴って、相方が口でキャッチすることができるか。
シュールとしての首がかかっている林さん、蹴るのはとても上手いが相方の遠藤さんがキャッチしてくれないw
失敗して落ちたブルーベリーを阿部ちゃんが拾って食べだした。次々に失敗するメンバー、どんどん食べる阿部ちゃん。どうやら開演前にもこっそり食べていたらしい。
優勝したのは囲碁将棋!
しずる村上さんと電話で中継が繋がっているが、こちらの状況がまったく伝わっていない。
優勝した囲碁将棋に一言、と言われ「しずるになれるように頑張ってください」と冷たいw

シュールも御茶ノ水男子も好きな自分としては、ちょっと不完全燃焼だった。いっそのこと、ネタやらずに全編コーナーでも良かったんじゃなかろうか。
御茶ノ水男子が前に出るようなアクティブさを持っていないせいか、ネタと1回目のコーナー以降、彼らの声を聞いていない。2人とも見た目華やかだし、声張れば通る良い声してるのになー。
シュールアンケートの5項目、御茶ノ水男子なら運以外は良い結果になるはずなんだけど。もったいない。

家城さんからの告知で、年内に1000人規模の会場で阿部プロデュースを敢行したいとのこと。阿部ちゃんが「返金不可」とタイトルに入れようかと思っているらしい。

拍手する

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">