神保町花月「雨プラネット砂ハート」

@神保町花月 19:00 C5

ライス班初日!
ライス、ジューシーズ、少年感覚、京本有加さん。9期と13期で構成された、非常に若い班。
核心に迫るようなネタバレはしてないけど、予備知識ナシで見たい人はここから読まないように!できれば読まずに見に行って欲しい!

止まない雨。窓の無い部屋。子供たち。出るための条件は一つ。「大人になること」
ストーリーは少しだけSF調、現実には無い世界の大人3人と子供5人。短編小説として普通に読んでも面白そう。
オープニングのシーンが衝撃的。どうなる?という不安を抱えたままストーリーは進む。
映像が斬新でビックリ。初めて見るパターンの演出。
終盤の展開でじわじわ涙が出てきて、ラストシーンの声、音楽、照明のタイミングで、一気に涙があふれた。ずるい。あれはずるいよ。

みんな演技上手い。そしてカッコイイ!
ライス班だけあって、ライス2人のセリフ量ハンパない。声もよく通って綺麗だった。
神保町花月アワーでライスが言っていた通り、真面目なお芝居。笑いどころを入れるのが大変そうだけど、笑わせてくれないと、この世界にハマって帰って来れなくなりそう。

私の中での神保町花月ナンバーワン作品は「宇宙でクロール」だったけど、もしかしたら塗り替えるかもしれない。
あと2回見に行くけど、全公演見ても良いと思うくらい好きな作品。土曜日のチケットを取らなかったのが悔やまれる…。

拍手する

4 Responses to “神保町花月「雨プラネット砂ハート」”

  1. 奈西

    ラストはずるいですよね!
    演出も凄く好みでしたし、終わった後色々考えてしまいました。
    ライスはさすがですよね…。
    他の日は見に行けないので、この感覚を噛み締めたいと思います。

  2. ナオミ

    ラストはカッコ良かったですよね。あれはずるいとしか言いようがない!
    ライス主演は外れないと思ってますが、今回もやっぱり素晴らしかったです。
    千秋楽まで見たら、色々書きたいと思います!

  3. はやぼん

    はじめまして!

    今までたびたびレポ読ませてもらってましたが、コメントははじめてです。

    神保町みにいって、すごくラストの曲が気になっていたので、平沢さんの曲だとわかって(しかも聞けて)ありがたかったです。。。久々に平沢さん、聞きたくなりました。

    あ、もちろんお芝居も面白かったです。土曜の昼にいって、ちょっと最初ぐだぐだでしたが、徐々に…。
    演劇的にはありがちなストーリーなのかもしれないけど、
    それを神保町で、ライスでみると、彼らのちょい破滅的な雰囲気がマッチしててよかったです。

    子持ちでなかなかライブいけないので、いつもレポよんで行った気になってにやにやしてます。ありがとです。

  4. ナオミ

    ラストの曲、タイミングとかもうカッコ良かったですよね!平沢さんの曲を使うのは三橋さん演出ばかりだと思っていたので驚きました。
    王道ストーリー大好きなので、お話も舞台も良かったです。ライスは演技してるとコントとまったく違う顔になりますね。
    行ったライブは全部レポ書いてます!また見に来てください♪

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">