神保町花月「GONIN」

@神保町花月 13:00 E1

出演はくまだまさしさん、犬の心押見さん、グランジ遠山さん、平成ノブシコブシ徳井さん、ピース又吉さん。脚本はクレオパトラ長谷川さん、演出はハイキングウォーキング松田さん。
惹かれるメンバーではあったけど、当初は行くつもりはなかった。でも普段同じライブに行っている方たちが楽しかったと口を揃えて言うので、チケットを譲っていただいて行ってきた!

歯向かう者すべてを死刑にする横暴な国王(ハローケイスケ)が支配する国。
ロックバンドのメンバーだった父親が王国批判の曲を書いたため死刑になってしまった、正義にこだわる男・山尾(遠山)。
IT企業に勤め日々合コンにいそしむ、金がすべての男・井上(押見)。
目の前の人にも気付かれないほど影の薄い、偉人の名言を口にする男・伊藤(又吉)。
犯罪者はすべて死刑だという考えで動く警察官、法律なんかくそくらえと言う男・野村(徳井)。
この4人を「正義の味方」にスカウトした、謎の男・遠藤(くまだ)。

4人が集められた船内では、ラジオの曲に合わせ思い思いに意見を交わしている。影の薄い伊藤は他の3人に気付かれていない。
ラジオから流れてきた「クリーン」というロックバンドの曲に、山尾がノリノリ。顔を出さずネットだけの活動ながらも、王国批判の曲は若者にも人気があるらしい。
遠藤から国王を拉致するという目的を聞かされ、納得のいかない野村は計画に参加せず立ち去ってしまう。正義のため、金のため、文化のために協力することにした3人。
王国の見取り図を元に計画を立てる4人。1人離脱した野村は、資料を見ながら「やっぱり…!」と呟いていた。

井上のPCと女性の扱い、伊藤の影の薄さ、山尾のギター、それぞれの特技を生かして国王の部屋まで来たメンバー。遠藤は国王を殺そうとする。そこへ野村が乗り込んできた。遠藤は数々の著名人を殺害した殺人鬼だと言う。
国王が遠藤を「ミスタースキンヘッド」と呼び、恨んでいるのかと問いただしたことで、遠藤は真実を語りだす。先代国王の側近だった遠藤は、先代亡き後も新国王に仕え歯向かう者を殺してきた。しかし山尾の父親に諭され考えが変わった。国王に意見した遠藤は追われる身になってしまう。自分が国王を正せなかった責任を感じ、殺しに来たのだと言う。
王宮の周りをパトカーに囲まれたとき、山尾が「おまえらそれでいいのか!?」と警察官たちに訴えかける。それに影響されてか、伊藤までもが熱い言葉を叫びだした。やはりそれも偉人の言葉で、井上に自分の言葉を持てと呆れられてしまう。そんな井上は、金をやるから遠藤を殺せと言う国王の目の前で、窓から金を投げ捨てた。「俺たちは心で動く仕事人だ」と笑う。
国王を「クリーン」の曲の歌詞の通りにイタズラして、遠藤の先導で裏口から逃げ出した5人。その後の5人の行方は、誰も知らない。
ただひとつ、今まで謎の存在だった「クリーン」がついに音楽番組に出演した。MCに迎えられて登場したのは……伊藤!「バカ国王、ブリーフいっちょで土下座しな」と熱唱!

終演後、トークの後にカラフルな照明が回り始めた。席を立とうとしていた人たちも、何事かと舞台を見守る。
登場したのは、ギターを持った遠山さん!「クリーン」のバカ国王の曲に合わせてギターをかき鳴らす。そしてマイクを持った又吉さんと徳井さんが登場。歌とラップをおりまぜてパフォーマンス。押見さんは客席から拳を振り上げノリノリ!
最後の最後まで楽しませていただきました!

普段の彼らのキャラぴったりな配役だったり、服装が白いワイシャツに黒い七分丈パンツでおそろいだったり、遠山さんがエレキギターを本当に弾いていたり、5人のファンが最大限楽しめる公演だったのではないかと思う。
遠山さんの演技が大好きな私は、本当に楽しかった。ギターも見られたし、音楽に熱狂して飛び跳ねる姿も見られたし、ラスト近くの熱く叫ぶシーンにはドキッとした。カッコイイ。カッコイイよ、遠山さん!
押見さんが女好きな設定はイイねぇ。工藤さんに向かってキザなセリフ吐いたら、客席がヒャ~みたいな雰囲気になっていたw
徳井さんが拳銃持ってるってだけでなんだかドキドキするよ…!まっすぐすぎて狂気に振り切った感じの演技、好きだなぁ。そういえばノブコブは演技見たことないな。
又吉さんが影薄すぎて誰からも見えてない設定、みんなで又吉さんを無視し続けるんだけど、徳井さんや押見さんを殴るフリしてみたり遠山さんには目の前で何もしなかったり、やりたい放題!徳井さんが耐え切れずに笑っちゃって、又吉さんが見えてない設定の押見さんと遠山さんがドン引きっていう。
14期の若手がたくさん出てたけど、基本が仮面を被った役なので、どれが誰か全然わからず…。取り巻きの役とかで顔出てたけど、覚えてないんだよなぁ。唯一目立つ役だったライトミールのカズさんはわかった。まだまだ脇役だろうけど、いろんな公演にどんどん出て欲しいな。

特技の違うメンバーが集まって悪を倒す、HEROESのような展開が大好きな私にとっては理想的なストーリー。少年マンガを見ているような感覚で楽しかった。
演じてる5人も楽しんでいたんじゃないかと、勝手に思ってる。そのくらい自由でアドリブの多い公演だった。
バカ国王のCDを1人だけプレゼント。羨ましい!

拍手する

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">