はりけ~んず前田・バッファロー吾郎木村オタクトークLIVE~登風に吹かれる木村 #3~

@阿佐ヶ谷ロフトA 19:30

前回に引き続き、御茶ノ水男子の佐藤さんがゲスト。これは前回時間がなくて流せなかった映像を見られるチャンス!
今回は女性客が増えていた。ゲストを発表したらチケットの売り上げが増えたようなので、佐藤さんファンだろうという前田さんの見解。

前回のライブ終了後、雨上がりの宮迫さんに呼ばれて、向さんと木村さんはGacktの家にパーティに参加しに行った。ドレス姿の女性等がいる部屋で、萌えTシャツと数十冊の4コマ雑誌を抱える向さん、逆に珍しがられて女性客に囲まれる。
Gacktと向さんが2人で喋っている姿を見た木村さん。オタク同士仲良くなったらしい。もしかしたら連絡先交換してるかも?次に会ったときに向さんを問い詰めると前田さん。

1人目のゲスト、クニさん、効果音オタク。様々な効果音と、声優さんのセリフ集も。お兄ちゃんCDに過剰反応する前田さん。
クニさんのイチオシは、Uターンする消防車。レアな音らしい。木村さんの知り合いの音響さんも効果音オタクで、やはり何にでもオタクはいるものらしい。
新宿のTSUTAYAが効果音CDの穴場で、大量に並んでいる。終演後に見に行ったら、本当に大量だった。棚ぶち抜きで6段くらい効果音。これだけあったら楽しくなる気持ちもわかる…。

2人目のゲスト、ゆきち先生、みこすり半劇場で8年連載している4コマ漫画家。上品な下品を目指している。日刊スポーツにも連載しているが、どちらの作品も登場するキャラは同じ。
会場の男性客でもあまり見ている人はいないエロ系雑誌だが、意外と大物作家が作品を描いていることも。えんどコイチ先生が連載してるってのはちょっとショックだw
8年連載していても、単行本にはならないらしい。やはり需要が無いようで、編集者にアッサリ断られたとか。厳しい世界だ。
芸人の先輩で絵の上手い人をアシスタントとして雇っている。お笑いの先輩にお世話になっている恩返しをしたいというギブアンドテイクの気持ちのようだ。いい人だわ。

3人目と4人目のゲスト、御茶ノ水男子の佐藤さんと人間の証明さん、元アニメーター。前回に比べて、人間の証明さんがちょっとだけ垢抜けた。
自分が作画した作品の映像を持ってきた。佐藤さんはアイシールド21。動きの速い試合シーン。砂煙やアメフトのメットがとにかく面倒だったらしい。躍動感やスピード感が凄い。
人間の証明さんはツバサクロニクル。サクラや小狼のラフなキャラデザも一緒に。夜叉王と阿修羅王のあたりのシーンでテンションアップする私。CLAMP好きにはたまらん。
2人とも、作画が凄く丁寧で美しい。ただ、佐藤さんの動きの速いシーンのあとに動きのない人間の証明さんのシーンが流れたので、楽してるだろう!と前田さんに突っ込まれていたw
絵を見ただけで、どこの国の作画かわかってしまう佐藤さん。日本>韓国>中国。絵を描きすぎて、本物の人間の動きに違和感を覚えた時期もあったらしい。アニメーター界では、寝る=倒れる。入院も日常茶飯事。
凄いと思う作画のアニメを紹介。佐藤さんはじゃりン子チエ。当時は今のような技術がなかったので、全て1枚の絵で描いていた。作画担当だった高畑勲さんのこだわりが見て取れる作品で、佐藤さんの目から見てもこんな作画はできないらしい。
人間の証明さんは、ガンダムOO。オープニングのメカデザインの方にお世話になっていたらしく、全てが素晴らしいと力説。ただ、前田さんを始めこのライブに来る人はガンダム初期から見ているので凄いのは知っているとバッサリw映像トラブルもあって散々な結果に。

アニメやマンガにハマっていたのは10年以上前で、今は全然詳しくないんだけど、知識のない私でも充分楽しめる凄いライブ。前田さんと木村さんの話術と、ゲストの特殊な趣味経歴が楽しい!
客層のほとんどはオタクな方達だろうけど、女性客が増えていたことには驚いた。私はオタク世界に一度浸かった身なのでオタク独特の雰囲気には慣れてるんだけど、普通のお笑いファンから見たらどんな感じなんだろう。また来たいと思えるんだろうか。
佐藤さんが、次回は作画が酷いアニメを持ってくると言っていたので、きっと次回も出てくれると信じてる!絶対見に行くよ!

拍手する

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">