はりけ~んず前田・バッファロー吾郎木村オタクトークLIVE~登風に吹かれる木村 #5~

@阿佐ヶ谷ロフトA 24:30

5回目にして初のオールナイトライブ。いつもよりお客さんが多い。平日の夜だと来られない方が多いのだろうか。凄まじい熱気。

1組目は「4コマ漫画オタク」天津・向さん。2回目の登場だけど、前田さんも木村さんも後輩だからと散々な扱い。
4コマ漫画の概念を覆す2ページに渡るブチ抜きコマを利用した最終回とか、全体的に黒い上にコマを無視した展開とか、我々の知る4コマ漫画とは違った作品を紹介してくれる。中でも「ちょぼらうにょぽみ」先生の作品が凄い。何よりペンネームが凄い。前田さんが食いつきまくって、何度も先生の名前を確認。webコミックなのでネット上で見られるんだけど、絵が可愛いのに内容がぶっ飛んでる。カオス。

2組目は「アニメプロデューサー」池田東陽さんと、正確な職業名は忘れちゃったけど、声優さんをキャスティングする方。
池Pといえばカレイドスター…というか、私はそれしか知らないんだけど、声優業界の大人の事情なんかもちょっとだけ聞けた。どんな業界でも金やコネは必要だよね。

3組目は「声優芸人」きみきみさん。こやまきみこさんというロリ声の声優さん。しかしお笑いが好きすぎてNSCに入学。15期生らしい。
NSCにプロの声優が入ったというニュースは、声オタのパンサー菅さんが向さんに報告。前田さんも後輩から聞いたとのこと。芸人の世界では先輩のことを「兄さん」と呼ぶものだが、前田さんはきみきみさんに「お兄ちゃん」と呼ばせようとする。
可愛い声で言ってもらいたいセリフを、前田さんと向さんが考えてきみきみさんに言ってもらう。向さんの指示出しの姿を見て、前田さんがアキバのメイド喫茶のオタクと表現。セリフを言ってもらうときは、2人とも目を閉じて聞き入る。木村さんが気持ち悪い!と笑う。
今はピンネタをやっているが、ゆくゆくはコンビを組みたいとのことで、相方を探し中なのだとか。

4組目は「元アニメーター」おもしろ佐藤さん&人間の証明さん。すっかりレギュラーな2人。
佐藤さんはオタクトークのお客さんから貰ったという「クレオパトラ」を持参。1979年の虫プロの作品で、様々な作品のキャラが登場したり、実写とアニメを融合させていたり、死の表現に歌舞伎が使われていたり、非常に挑戦的なアニメ。
冒頭の実写部分はスター・トレックの乗組員のような衣装に顔だけアニメ。不気味すぎる。バカボンやアトムなどのアニメキャラがあちこちに登場。佐藤さんはそれを探すのも面白かったとのこと。
時間がないので佐藤さんが注目した部分をピックアップして、あとは早送りだったけど、これは全編見たい。前田さんも言ってたけど、これは世に出るべき作品だと思う。
そして今回も、呼ばれてないのに来てしまった人間の証明さん。アニメーター時代にお世話になった新房さんの作品を紹介。The Soul Takerはカッコイイよね。JAMの主題歌もカッコイイ。オープニングだけ流して終了。良いシーンとかじゃないの?と思ったら、シャフトが無名だった頃のエロアニメを持ってきたとのことで…紹介できず。冒頭の痴漢シーンなら大丈夫だと思います!とか言っちゃう人間の証明さんはやはりズレているwまぁ明け方の阿佐ヶ谷ロフトなら流しても大丈夫だと思うけどw

オールナイトの長丁場にもかかわらず、凄まじい熱気と笑い声は最後まで絶えることはなかった。前田さんと木村さん、結局最後までMCポジションに残った向さんの話術は凄い。
オタクトークの佐藤さんは、普段のライブで見る姿とは全然違う、しっかりした伝達者。MCやお客さんに歓声を上げさせるようなトークも素晴らしい。特殊なジャンルなのでお笑いのお客さんには通じないかもしれないけど、オタクトークのお客さんには完全に受け入れられてるなぁ。
次回のことは何も言ってなかったけど、きっとまたやってくれるでしょう。菅さんの名前が挙がっていたので、出てくれたら嬉しい。でも声優オタクなんて客席に山ほどいるから難しいかな?

拍手する

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">