クレオパトラプレゼンツ『劇団ムゲンダイ』第2回公演~かまきりたちの夜・雪山ペンション殺人事件~

@ヨシモト∞ホール 18:30

2回目の劇団ムゲンダイ。前回のクオリティが非常に高かったので、今回も期待。

商店街のくじ引きで当たったチケットでペンションへとやってきた、桑原、愛実、友美。彼らは大学の友人で、桑原は愛実のことが気になっている。愛実は一番暇そうだったから呼んでやっただけだとそっけない。毎晩かかってくる無言電話、あんたなんじゃないの?言いがかりだ!
ペンションのオーナーの半澤、従業員の山添に出迎えられる3人。オーナーは何故か猟銃を持って威嚇している。
緑の髪のオカマ(長谷川)と金髪ツインテールのオカマ(新崎)が山添を探し回っている。彼女たち(?)もペンションの宿泊客だという。拳銃を取り出し桑原の股間へ向けるオカマたち。
カメラマンの秀作がやってくる。彼もペンションに宿泊するようだ。
巨大なアフロにスーツの村上と妻のユリコ(藤本)がやってくる。ユリコは友美とそっくりで、桑原ですら間違えてしまうほど。秀作がばらまいてしまった写真を、ユリコが拾ってくれた。
写真を撮りまくっている秀作は、記念にと夫婦の写真を撮る。
全員がチェックインに行ってしまい、桑原1人がロビーにいると、目出し帽をかぶり血のついた包丁を持ったランニングにジーンズ姿の男(野田)がやってくる。彼もまた宿泊客だった。

BGMもタイトル文字も、すべてが本家と同じ。元ネタがわかるお客さんがどよめく。

談話室で談笑する、オカマ2人、目出し帽の男、愛実。友美は部屋でドラマを見ているらしい。村上は「ねむむじゃけぇ」と言って毛布をかぶって寝ている。桑原は愛実の隣に座ってじっとしている。秀作が外から帰ってきた。外は吹雪で一寸先も見えない状態らしい。
そこへオーナーが手紙を持って乗り込んできた。誰がこんなイタズラしたんだ!『今夜誰かが死ぬ。あなたの人生おつかまきり』
カマキリって何?山添が話し出そうとしたら、オーナーが止めた。それは俺が話す。

ピコン!という音とともにスクリーンに現れる選択肢。
A.オーナー聞かせてください
B.山添くんから聞こうかな
お客さんの拍手の大きさで決定するシステム。選択次第で個々のセリフまで変わってしまう。

山添くんから聞こうかな。
この村では昔、200人ほどの村人がある男に殺されたという言い伝えがあるんです。普段は心優しいその男は、カマキリの呪いだと言って自殺したそうです。殺しに使われた武器は鎌でした。それ以来この村では、カマキリは忌むべき存在になっています。
キャー!という女性の悲鳴が聞こえた。僕が見てきます!と叫んで走り出した山添を見て、オカマ2人と愛実がカッコイイ~!と盛り上がっている。それを見た村上と桑原も走り出した。

山添が友美の部屋をノックすると、眠そうな友美が出てくる。山添さん!?夜這いにはまだ早いです☆と元気な様子。
村上がユリコの部屋を開けようとするが鍵がかかっている。マスターキーを持ってくると言う山添を止める村上。手遅れになったらどうするんじゃ!ドアを壊す!ドンドンとドアに体当りする村上。
桑原が首を傾げる。あれ、このリズム、どこかで聞いたことがあるぞ?

ピコン!という音とともにスクリーンに現れる選択肢。
A.オオカミ少年のリズム
B.和太鼓のリズム
C.ドン・キホーテのリズム

そうだ、ドン・キホーテのリズムだ!
村上がドン・キホーテのリズムでドアに体当たりを繰り返すと、ゴゴゴゴゴ…という音が聞こえる。
建物が崩れるぞー!倒れる3人。

えー!?という悲鳴と笑い声が響く客席。桑原さんが立ち上がる。
皆さんの選択でこうなったんですよ!1回だけコンティニューしましょう。次はドン・キホーテは選ばないでくださいね。

そうだ、和太鼓のリズムだ!
村上が和太鼓のリズムでドアに体当たりを繰り返すと、ドアが開いた。
桑原がクローゼットを開けると、おつかまきりの姿勢で死んでいるユリコの姿が。

談話室で談笑する、オカマ2人、目出し帽の男、愛実、友美。山添は電話をかけているがつながらない。村上は沈んでいる。秀作は写真を撮りまくっている。
人が1人死んでるんですよ!?と桑原が叫ぶ。目出し帽の男が立ち上がる。俺の話を聞いてくれ!

ピコン!という音とともにスクリーンに現れる選択肢。
A.こんな男の話は聞かない
B.一応聞こうか

一応聞こうか。
外は吹雪だ。犯人はどこから来てどこに逃げたんだ?犯人はこの中にいる!
おまえが言うな!全員の声がそろう。一番怪しい男をどこかへ閉じ込めたほうが良いと提案する桑原。オーナーはボイラー室へと閉じ込めるよう山添に指示した。

部屋へと戻っていく宿泊客。みんなで同じ場所にいたほうが良いという桑原の提案は聞き入れられなかった。愛実は友美の部屋に一緒に行くことにしたようだ。
桑原は村上に声をかける。が、村上は「ねむむじゃけぇ」と眠そうだ。
1人部屋で歌っている桑原。ノックの音が聞こえ、愛実が入ってくる。桑原に走り寄り、額を桑原の胸につける。

ピコン!という音とともにスクリーンに現れる選択肢。
A.大丈夫だよ!
B.キスしていい?ねぇ、キスしていい?

大丈夫だよ!
良い雰囲気になりかけたところで、ギャー!というオカマの悲鳴が聞こえた。
薄暗い談話室に黒い布がかぶせられているものが。桑原が布を取ると、おつかまきりの姿勢で死んでいる金髪のオカマの姿。うわーーー!と叫びながら、緑の髪のオカマが棒を振り回して走って行く。
部屋を出て村上の部屋を開けると、おつかまきりの姿勢で死んでいる村上の姿。秀作の部屋を開けると、ジョジョの姿勢で死んでいる秀作の姿。オーナーと山添の部屋を開けると、おつかまきりの姿勢で死んでいる2人の姿。
愛実は桑原に言う。犯人は桑原くんだよね?おつかまきりって、大学でやってるギャグじゃん。
誤解だよ、俺じゃないよ!…そうか、犯人がわかったぞ。

ピコン!という音とともにスクリーンに現れる選択肢。
A.オカマのハセコ
B.友美
C.野田
D.それ以外の誰か

犯人は友美だ!
はぁ?なに言ってるの?あ、いや、ずっと寝てるから状況的に…。そういや友美は無事なのか?ちょっと見に行こうぜ。
2人が部屋を出て行こうとすると、電気が消える。
桑原が電気をつけると、愛実にジョジョポーズを教えている秀作の姿。
死んだんじゃなかったのか!?
やっと気付いたの?よくこんなヤツが愛実ちゃんと一緒にいるね?
え、知り合い?桑原が愛実に尋ねると、知らないと首を振る愛実。
帽子とともにカツラを取る秀作。坊主頭が現れる。覚えてない?パソコンの設定で家に行ったじゃん?そのとき一目惚れしちゃったんだよね。盗聴器仕掛けて、盗撮して、声が聞きたくて無言電話もしてたよ。
最初はおまえと友美を殺そうと思ってたけど、盗撮した写真をユリコに見られたんだよね。だから殺すしかないじゃん?そしたらいいこと思いついちゃってさ。愛実ちゃん以外の全員を殺せば2人きりだなって。だから死ねよ。
秀作が桑原に銃を向けると、目出し帽を取った野田が入ってくる。頬には大きな傷がある。激しい攻防(?)を繰り広げる秀作と野田。倒れる秀作。
ありがとうございます!素顔カッコイイですね。愛実が野田に言うと、慌てて目出し帽をかぶる。
倒れていた秀作が立ち上がり、背後から桑原を狙う。
銃声とともに、背中を押さえて秀作が倒れた。
隣の建物の2階を見て!愛実が示す方向には、黒いジャケットとホットパンツに着替えたオカマのハセコが銃を構えていた。国際警察よ!金髪のオカマもやってきて秀作の首根っこを掴む。
このあたりに連続殺人鬼が潜伏していると聞いていたんだけど、まだ見つからないのよ。頬に傷のある血のついた包丁を持った男よ。野田がさりげなく逃げ出した。
ここにいましたけど!?焦る桑原をよそに、見つからないわーと嘆くオカマたち。

死んだはずの村上、オーナー、山添、ユリコがやってくる。生き返った!?ゾンビだ!スリラーだ!
スリラーの曲が流れ、4人が踊り出す。
誰がスリラーじゃ!何故か致命傷は避けたんじゃ。村上が言うと他の3人もうなずく。
秀作が持っていた銃を見る。あ、間違えてBB弾の銃を持ってきちゃった!

村上とユリコが歩いている。あたしのためにドア壊してくれたのよね。嬉しい!
オカマ警察2人が野田を捕まえている。
血まみれのペンションを見てげんなりしているオーナーと山添。誰が掃除すると思ってるんだ。頼むぜ!
愛実に告白しようとする桑原。キモいから!ムリムリムリ。
刑務所で作業をしている秀作。そこへ面会に現れた友美。ずっとカッコイイと思ってたんです!ホント!?

エンディング映像。稽古風景のスライドが流れる。

推理モノで桑原さん主演ということで、ほとんど桑原さんが台本を書いたらしい。長谷川さんも少し一緒に考えたとのこと。
自分だけ普通の衣装でズルイ!とオカマの長谷川さん。細くて綺麗な足に黒のタイツがお似合いだった。オカマなのでメイクもして、本当に女性っぽい。カツラないほうが可愛いってどういうこと。
秀作さんの自白演技に悲鳴が巻き起こった。にこやかな笑顔が不気味すぎる!前回の犯人役は半澤さん。爆コメは本当に凄い。

カメラマン役の秀作さんが実際に撮っていた写真を見ることに。舞台上から見たメンバーの顔や楽屋裏の写真に歓声が起きる。オカマを嫌がっていた長谷川さんがノリノリでポーズを取って写っている。秀作さんの自撮りが一番綺麗に撮れていた。
今回は選択肢で展開が変わる。最初にバッドエンドになったときの悲鳴はとても良かったと嬉しそうなメンバー。あれ恥ずかしかった!と村上さん。
半澤さんと山添さんの超長セリフの2択はドキドキしていたらしい。山添さんがゆっくり思い出しつつ語っていた。
野田さんの話を聞く聞かないの2択は、聞かないが選ばれていたら秀作さんが同じことを言う展開だった。そっちも見たかったなぁ。

恒例となった次回作の主演決めじゃんけん。
主演、長谷川さん。ヒロイン、半澤さん。テーマ、時代劇。
何故かヒロインの座を狙いたがる新崎さん。女装にハマった?オカマはとても似合っていたけど。半澤さんスタイルは良いと秀作さんの証言。
次回は5月に決定したらしい。ファンの需要をわかっているクレパトの作る時代劇、楽しみだな。

拍手する

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">