クレオパトラ単独ライブ「答」

@恵比寿エコー劇場 19:00 A10

「謎」と「答」、対になった単独ライブの第二弾。開演前の客席には、鈴虫の鳴き声が聞こえる。

警察官姿のボヨンボヨン登場。向かいのマンションで殺人事件が起きました。野次馬のみなさん、早く帰ってください!…警部、誰も帰りませんよ。じゃあ最後まで野次馬を楽しんでいってください。

白いドア。黒い箱。白いワイシャツ、黒いズボン。
黒い箱に座っている、メガネを掛けた桑原。ドアから出てきた長谷川がその横に立つ。
10年振りね。元気だった?全然変わってないわね。
花火の音。
あの日も花火あがってたわね。覚えてる?私があなたに殺された日のこと。

手帳を読むハセ子。モデルになる夢を叶えるために、今日から東京に住むことになった。両親には感謝してる。

人生初の彼氏が出来た。同じモデル事務所の男の子。

最近おかしなことが起きる。部屋にある物の配置が微妙に変わっていたり、私が行ってない場所で私を見たという人が複数いたり。怖い。

彼氏が死んだ。昨日一緒にベッドで寝て、朝起きたら死んでた。なんで?私がやったの?わからない。死体はクローゼットに隠した。

私は二重人格なのかもしれない。私と付き合う人はみんな死んでいく。クローゼットに隠した死体が腐敗してきた。ドライアイスや氷が必要なので、魚屋で働くことにした。

私は私を守る。私が書いたものじゃない…でもこれは私の筆跡…やっぱり私の中にもう一人の私がいるんだ。

高校時代に好きだった桑原くんと付き合うことになった。桑原くんのことが好き。このままじゃ桑原くんまで殺してしまう。彼にはクローゼットの中を見せて、本当のことを打ち明けよう。

ハセ子、今まで家に僕を入れるのを拒否してたのに、なんで今日は入れてくれたんだ?だって桑原くんと花火見たかったから。ここからならよく見えるし。
手帳、見ちゃったんだ。…全部知ってしまったのね。ああ。なんであんな残酷なことをしたんだ!?
ナイフを取り出す桑原。
わからないの!自分でもわからないの…。桑原くんが好き。ずっと一緒にいたい。僕だってずっと一緒にいたいよ!僕は死なない!
桑原からナイフを奪い自殺しようとするハセ子。それを止める桑原。もみ合っているうちに腹を刺され倒れるハセ子。
桑原くん、早く逃げて…私が愛した人で、唯一生きている人になって。
うわぁぁぁーーー!!!!!部屋を飛び出す桑原。

小野寺に会いに来た桑原。
ハセ子を殺してしまったんだ。こんなつもりじゃなかった!好きだったんだ!
そうか…。うなだれる桑原の背中に手を置く小野寺。立ち上がった桑原は小野寺に背を向ける。小野寺はナイフを取り出し桑原の背中に突き刺した。
なんで殺したんだテメェ!あとちょっとだったのに!彼女は純粋だったんだ!それなのに東京に出て汚い男どもに汚されて…おまえがハセ子と付き合うと言ったとき、めちゃくちゃムカついたよ!
俺は彼女のことをずっと見てたんだ。俺がずっと守ってたんだ。…まさか、ハセ子の彼氏たちを殺したのも…?そうだよ、俺だよ。ゴミ掃除に東京に来てるって言っただろ?ハセ子の服を着て外に出たこともある。純粋な彼女がいなくなったなら、俺が代わりになればいいだろ?

黒い箱に座っている、メガネを掛けた桑原。ドアから出てきた長谷川がその横に立つ。
10年振りね。元気だった?
花火の音。
あの日も花火あがってたわね。覚えてる?私があなたに殺された日のこと。
もちろん覚えてるよ。忘れたことなんて無い。はい、これ。紙袋?開けてみて。これ…私の絵?ああ。前に絵を描いて欲しいって言ってただろ?本当は花火の日に渡そうと思ってたんだ。嬉しい。
じゃあ行こうか。今度こそずっと一緒に居られるわね。ああ。

合計3時間45分、2人だけで何役も演じ続け、すべての転換までやりきった。ラストの狂気エンドにはゾワッとしたね。クレパト凄すぎる。これは単独なのだろうか…いや、単独以外の何物でも無いか。
「謎」との違いは、風評が無くなってラストの狂気エンドが追加されたことだろうか。各ネタの微妙なセリフは変わってたと思うけど。共通部分は長くなりすぎるのでざっくり省いた。
鬼婆の呪いの白いもやがドライアイスだと気付いたり、死体が抱えていた紙袋の中身が絵だと気付いたり、小野寺のゴミ拾いが殺人だと気付いたり、ハッとなる発見も多かった。

長身で低声の桑原さんの男性役はピッタリだし、若干小柄で中性的な長谷川さんの男女兼任も素晴らしい。男女で抱き合うシーンも多かったけど、身長差バッチリだね。この見た目のわかりやすさも、彼らの世界にどっぷり浸かれる要因になってる気がする。
長谷川さんの号泣も狂気の笑いも凄まじい迫力だった。桑原さんの淡々とした独白も恐怖だった。

良い公演を見た。色彩オーケストラのように、神保町花月での再演も期待してしまう完成度。クレオパトラ、凄いな!

拍手する

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">