神保町花月「窮乏弁護士 小浪公平」

@神保町花月 19:00 A4

認定漫才師班。タイトルから薄々勘付いてはいたけど、大波さん主役の物語。

囲碁将棋班となっているけど、タモンズ班でしょう!そのくらい、2人の活躍が凄まじい。
全員のセリフの半分くらいが大波さんの分なのでは?と思うくらいのセリフ量、サンパチマイクが見えそうな2人のやり取り、カッコイイ安部ちゃん。
公演中には、その時間いる?と思うような部分もあったりなかったりだけど、最後にはすっかり引き込まれて泣いていた。
タモンズの漫才が始まりそうなやり取り、好きだなぁ。大波さんが安部ちゃんに何度も同じくだりやらせて、これ好きやねんって嬉しそうに笑ってるのも良かった。
村上さん、文田さんの専門用語飛び交うセリフも素晴らしい。あれをよくあんなにスラスラ読めるもんだ。さすが認定漫才師。根建さんはなんだか怪しげな人物。裏がありそうだよね。
ボイフレは脇役ながらに強烈なインパクト。しっかりボケ放り込んでくるあたりがね。
野田くんは公演時間を大幅に引き伸ばした犯人w誕生日サプライズも目の前でリハーサルされたのでご立腹。でも村上さんからの料理本のプレゼントには本当に喜んでいた。
キリッとカッコイイ青木さん、可愛くふてぶてしい雪子さん。女優陣がまた魅力的。青木さんと文田さんの格闘シーンは…大丈夫なのか…。

脚本は長内さん。この人の書くシリアスは本当に凄い。泣ける。タモンズだぞ、と思いながら見てたけど、やっぱり泣けた。
くるくる変わるセットがカッコイイ。蓋にはびっくりしたよ。

お客さんが少なめなのがもったいない。タモンズ好きな人は見なきゃ損するレベル。公演中に新ネタやり出すのかと思うくらいの絡みは必見だよ!

拍手する

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">