神保町花月「恋する五感」

@神保町花月 19:00 C4

可愛く楽しく華やかな公演を覚書。

青、黒、赤、白、黄色、それぞれの色のワイシャツを着た5人がケンカをしている。

カフェ。本を読んでいるダイキ(山添)。
店員のミチエ(山崎)にコーヒーのおかわりを注文する青年たち(ちゃっぴー/小幡)。
ダイキに話しかけるミチエ。最年少大学教授を目指すダイキは、生徒たちに教えるため勉強を欠かさない。
コーヒーまだですか?と声をかけられ、慌てて店の奥へ行くミチエ。頑張ってね、と言われたことに舞い上がっているダイキ。青年たちにジロジロ見られている。

スーツ姿のシュウジロウ(ヒロチョ)が入ってくる。ダイキの読んでいた本を取り上げる。
ダンサーになるため頑張っていたシュウジロウだが、就職するためにダンスを諦めることにした。
そこへ1組のカップルがやってくる。シュウジロウ先輩!?話の長いシュウジロウに、彼氏(池田)はイライラして立ち去ってしまう。店内に「Marry You」が流れ始める。彼女(大谷)が追いかけようとすると、コーヒーを飲んでいた青年(ちゃっぴー)が立ち上がり、彼女の行く手を遮るように踊り出す。もう1人の青年(小幡)も反対側で同じように踊り出す。次々に人が増え、シュウジロウも一緒になって踊る。彼氏が戻ってきて一緒に踊り、彼女に指輪を差し出す。まだまだ頼りない俺だけど、結婚してください!…はい!

フラッシュ…なに?呆然と成り行きを見守っていたダイキが、息を切らしているシュウジロウに尋ねる。フラッシュモブだよ。後輩に良いプロポーズが無いか相談されて、得意のダンスを活かして企画したってわけ!
26年彼女のいないダイキ。しかし好きな人がいると知りシュウジロウは喜ぶ。これで安心して幸せになれるわ。8年付き合っている彼女にプロポーズをする。
この場所でフラッシュモブを使ったプロポーズをしたいから、一緒に踊ってくれとダイキに頼むシュウジロウ。踊れないから!と拒否するも、これを最後にダンスを辞めて彼女のために働く、と決心しているシュウジロウの頼みに負ける。
曲はAKBのヘビーローテーション。AKBが何かも知らないダイキに、愛と勇気の美少女軍団とウソを教えるシュウジロウ。
どこでやるんだ?このカフェだよ。彼女がここで働いてるんだ。おまえも知ってるぞ、ミチエだよ。えっ!?

ダイキがイヤフォンでヘビーローテーションを聞きながら小さく振りの練習をしている。
そこへ暗い表情のミチエがやってくる。シュウジロウが…交通事故で死んだの…。

あれから2年だぞ?ダイキのヤツ、そろそろ告白してもいいだろ。10年も片想いしてるんだぞ。
青、黒、赤、白、黄色、それぞれの色のワイシャツを着た5人が文句を言っている。
ミチエと手が触れただけでビクビクしているダイキに、黒ワイシャツが立ち上がる。おい!こっちだよ!
誰ですか…?俺は、おまえだ。俺たちみーんな、おまえ。

ダイキの『五感』と名乗った5人。自分の脳内で会話してるようなもんだ。
青は聴覚(ファビアン)、黒は視覚(小川)、赤は味覚(青山)、白は触覚(岸)、黄は嗅覚(和田)。
ミチエさんはシュウジロウの彼女、と思いつつチラチラ見てしまうダイキ。視覚も一緒にチラチラ見ている。

カフェにネコ(ヒロチョ)が遊びに来るようになった。ミチエに懐いて、ねこじゃらしで遊んでもらう。
甘え上手でスタイルが良いところがシュウジロウに似てる、と“シュシュ”と名付けて可愛がるミチエ。ミチエに気に入られているネコに嫉妬するダイキ。あっち行け!
行かないよ。ダイキ、俺だよ、シュウジロウだよ!死んでからネコに生まれ変わったんだ。
信じないダイキに、AKBを愛と勇気の美少女軍団って説明したら信じてたよな、と2人しかわからないことを言い信じさせる。何故かミチエとは話せず、ダイキとは話せるようだ。脳内で会話してる感じ?また脳か…。
ミチエに彼氏が出来たかどうか尋ねるシュウジロウ。彼氏がいてもいいんだよ、最高の男なら!

ダイキは最高の男ではないよな、と好き勝手言いまくる五感たち。
ミチエをチラ見するのに疲れた視覚、他の男との話を盗み聞きばかりさせられる聴覚、こっそりミチエの匂いを嗅がされている嗅覚。キスをしたい思いが強すぎておかしくなる味覚。何もしない触覚。

純粋だとミチエに言われ、喜ぶダイキ。しかし五感たちは、純粋は褒め言葉ではないと言い張る。他に褒める場所がないときに使う言葉だ。
大学生の青年(小幡)にメールアドレスを聞かれて嬉しそうなミチエ。ダイキくんどう思う!?シュウジロウのこと忘れたのか!ミチエさんがそんな冷たい人だと思わなかった。
ミチエの五感たち(カツラを被った5人)は、ダイキの様子を伺うように妙にテンションが高かったミチエを見て、ダイキに恋してるんじゃない!?とソワソワ。誰でもいいからキスしたい!とおかしくなる味覚。

シュウジロウは、ダイキがミチエを好きなことを見抜いていた。告白しろよ、俺はもう死んでるんだからさ。
死んでるからだろ!?最高の状態で彼女の中にいるヤツに勝てるわけない!
生きてるから好きな人の笑顔が見られるんだ。生きてるから好きな人の声が聞けるんだ。生きてるから好きな人の匂いを嗅げるんだ。生きてるから好きな人の淹れたコーヒーを味わえるんだ。生きてるから好きな人と触れ合えるんだ。
シュウジロウにはもう五感は無いんだよ。…俺、シュウジロウにヒドいことを…。

五感やシュウジロウに応援され、告白しようとするダイキ。
カフェにヘビーローテーションが流れている。これ、シュウジロウが好きだった曲!嬉しそうなミチエの背後で、五感たちが全力でダンスを踊っている。途中からシュウジロウも一緒になって踊る。
ダイキも一緒に踊り出した。驚いた様子で見つめるミチエ。
2年前、シュウジロウがミチエさんにこの曲でプロポーズしようとしてて、一緒に踊ってくれって言われて覚えたんです。
しかしミチエは、お見合いをすると言う。幸せにならないと、シュウジロウにも申し訳ないし。このカフェも来週には辞めて実家に帰るの。
落ち込むダイキに、まだチャンスはある!告白しろ!と勇気付ける五感たち。

ミチエがカフェを辞める最後の日。ようやくダイキが現れた。
ミチエさん、お見合いのことなんですけど…。お見合いが、どうしたの!?…上手く行くといいですね…。…ええ、ありがとう。
帰ろうとするダイキを引き止めるミチエ。店内に「Marry You」が流れ始める。
2人の青年(ちゃっぴー/小幡)が現れ踊り出す。次々に人が増え、ミチエも一緒になって踊る。
ダイキくん、あたし意地っ張りだった。自分に正直になることにしたの。あたしね、ダイキくんのこと…。
遮るようにシュウジロウが声を上げる。ダイキ!ミチエに言わせるな!おまえが言えー!!!
ミチエさん!僕は毎日ミチエさんを見ていたいです。毎日ミチエさんの声を聞きたいです。毎日ミチエさんの匂いを嗅ぎたいです。毎日ミチエさんの淹れてくれたコーヒーを飲みたいです。ずっとミチエさんを感じていたいです。大好きです!
あたしも、ダイキくんが大好き!

エンディングトークが終わった後、「Marry You」が流れみんなで踊る!そのまま幕が閉まり終了。

フラッシュモブ!元々こういうショーが大好きでよく動画を見ていたので、神保町花月で見られて嬉しい。
18期生が数人出演するというのはゲネレポで知っていたけど、まさかJUMP!で見たしゃろんとひのでがいるとは。しかも幕開け早々セリフのある役だし。フラッシュモブ1人目がちゃっぴーさんだし!感情ジェスチャーでの機敏さを見て、只者ではないと思っていた方。ブレイクダンスをやっていたようで、キレが素晴らしく良いし愛嬌たっぷりな表情も可愛い。小幡さんは大ライブでバック転とかやってた方。動きもだけど表情も爽やかで良いのよね。告白した相手が他の男に告白するために仕掛けるフラッシュモブで最初に出てくる役w
脚本の丸山さんが、踊れる若手を使いたいと言って集められたメンバーのようで。おそらくダンス経験者が多いんでしょう。チッチーズのギャンさんが綺麗なロボットダンスをやってた。トランジスタ大谷さんも動きがなめらかでとても綺麗だった。

五感たちと山添さんとヒロチョさんのアドリブが延びに延びた千秋楽。五感に無茶振りするヒロチョさんに、やめたげてー!と助けようとする山添さん。小川くんが狙われたらファビアンが急にヒロチョさんに振ったり、助け合ってたなぁ。
ダイキとミチエの五感の切り替えはカツラを被るのみ。あとは口調や仕草だけで表現。忙しすぎて男のままの嗅覚ちゃん。カツラの髪が口に入る視覚ちゃん。このドタバタした感じも意図した演出のようで、とても楽しかった。
ヒロチョさんのネコの声帯模写はお見事!ネコ飼ってるだけあるわ。ねこじゃらしで遊ぶ姿も可愛かった。素早すぎてどよめきが起きたこともw
山添さんのモジモジした感じ、山崎さんの意地っ張りな感じ、どっちも良かった。終盤の告白シーンは五感と一緒にハラハラしたよね。

予定さえ合えば全通したかったくらい好きな公演だった。心残りはDVDが当たらなかったことかな!!!

[Marry You – Bruno Mars]

拍手する

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">