神保町花月「心を亡くす忘れる」

@神保町花月 19:00 A3

久しぶりの御茶ノ水男子班。脚本はオコチャさん、演出はクニさん。不思議な公演になりそう。

あらすじの通り、記憶に関わるストーリー。しかし言い回しや表現方法が独特でオコチャワールドって感じ。
椎橋さんの役が凄い。あれはなかなか出来ないね!オコチャさん、椎橋さん大好きだもんねぇ。
佐藤さんのああいう役は初めて見るかも?悪人か明るい青年が多い。髪が長いせいか、ちょっと女の子にも見える。
安定の長田さん。またしても役のために髪の色を変えてきた。御茶班なのに長田さん主役じゃない?と言われるほど良い役。
普段の松尾さんじゃない?と思うほど自然だった松尾さん。あの小道具は日に日に変化していきそう。
屋敷さんこういう役多いね!デキる人だしね!嶋佐さんとの掛け合いはコントのようだった。
嶋佐さんは特殊な役。本人もこんなのは初めてやると言っていた。どうやら日替わりにするらしい。
シューさんは渋い…というか、妙な感じだw椎橋さんとの絡みが良いね!過去のある役を思い起こさせる。
水上さんは…オコチャさんの設定した役を完璧にやってるはず…だけど、私も長田さんと同じ気持ちだよw
倉田さんカッコイイ!松田さん可愛い!この2人はセットで出てくるので、ひたすら目の保養。女同士のバトルもニヤニヤする。

演出が不思議で、時間軸と場面がどんどん変わっていって混乱させられる。
中心にいるのは椎橋さんなので、彼を見てれば…余計に混乱するかもしれないw
クニさんの演出は、シンプルで照明が綺麗で素晴らしい。終盤の文字の演出はドキドキしたなー。
椎橋さんと長田さんの膨大なセリフ量とか、いつもと違いすぎる佐藤さんとか、ニューヨークの掛け合いとか、注目するところが多い。
千秋楽に向かってチケットがどんどん伸びていきそう。

拍手する

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">