モクレン第3回単独公演「FUN is BEST !!」

@阿佐ヶ谷アートスペースプロット 17:00

コント食堂やワラインプロで何度か見ているモクレンの単独。ネタや企画もいいけど、芸人さんはやはり単独が一番輝くよね。

前説はジャンポール。モクレンとはライブで共演する仲。仲良しだよね。
舞台上に置かれているモニターを気にする2人。これで面白いことやりますから。ハードル上げるなよ!そのハードルを乗り越えるのが矢島だよ。ハードルをくぐるのが野村。
前日のライブ前、黒い布を探していた野村さんを目撃した2人。あった!と引っ張りだしたのは自分のズボン。これ俺のズボンだ!それを見て頭を抱えていた矢島さん。

コント、日本史の授業。冒頭からテンションがおかしい矢島先生。徳川将軍どうやって覚えよう?そうだ、ショートコントで覚えましょう!!!真面目に見ると損するよ~。
オープニング映像。漫才をしているモクレン。舞台袖で矢島さんに怒られている野村さん。スタスタ歩く矢島さんの1歩後ろを不服そうな表情で歩いている野村さん。公園でネタ合わせ中にも怒られている。矢島さんの自宅。奥さんからDVDが手渡される。モクレンの写真や映像。公園前にやってきた野村さんに声を掛け、一緒に公園へ入っていく2人。
コント、化学の授業。Alf+Alf+Pdb=Tk03。伝わってませんよ先生!!!勉強のし過ぎでおかしくなる先生。
映像、マタニティフェス。子供が産まれる直前の矢島夫婦、パシフィコ横浜のマタニティフェスへやってきた。妊婦体験でむせ、試食で食レポに挑戦する矢島さん。その後、無事に娘さん誕生。
漫才、12星座占い。漫才前、野村さんのネクタイをやけに褒める矢島さん。これが一番いいよ!散々ネクタイを褒めたのに、その直下のチャックが空いていることに気付かず。お客さんのクスクス笑いで気付く野村さん。ツッコミで突き飛ばされて読む場所を見失う野村さんwネタを書いてくれたアナタ!ありがとう!
映像、娘の笑顔が見たい。生後1ヶ月の娘を笑わせるため、色々なことを試す矢島さん。ミッキーの声真似がそこそこ似ているwオリジナル子守唄でちょっと笑った!?親バカホームビデオ。
コント、夏休みの計画表。矢島さんピンネタ。円グラフで1日のスケジュールを計画。先生悲しいです!
映像、ラストクエスチョン。謎解きアイドル、ラストクエスチョンのイベントMC兼進行を任されたモクレン。近隣から苦情がよく来る会場だったため、ファンの方々に必死で指示を出す矢島さん。無事に苦情もなくイベント終了。矢島さんの動きが一番面白かった!と笑う野村さん。
コント、数学者の講演会。質問する受講者たちへ数式を送る先生。先生、告知と質問、どっちがメインですか!?
映像、緊縛研修。サラリーマンのための緊縛研修なるイベントにゲストとして呼ばれた野村さん。縛られたときのリアクションがいいから。野村くん、仕事を選ぼう?と矢島さん。
コント、まったく気が付かない人。野村さんピンネタ。本当にあった怖い話…に気付かない野村さん。底抜けな明るさが恐怖を助長する…。
映像、プラスガンマ前編。野村さんのモクレン以前のトリオ、プラスガンマのドキュメンタリー。絵は野村さん、声はなんと当時の相方達本人が担当。夢を抱いて始めたものの、出られるライブもなく荒む日々…。
漫才、無人島へ持っていくもの。漫才前、失敗ばかりだ俺…と凹む矢島さん。大丈夫だよ可愛いよ!と励ます野村さん。矢島さんと無人島へ行きたがる野村さん。僕は矢島さんの所有物です!
映像、プラスガンマ後編。トリオの野村さん以外が2人でお笑いライブに出ている事実を知る。脱退後、矢島さんから電話が。そしてモクレンへ…。
コント、矢島不動産。久しぶりのお客さんに喜ぶ矢島さん。1LDKの定義とは。マリオハウスに翻弄される野村さん。
エンディング映像。阿佐ヶ谷駅からアートスペースプロットまでの道のり。製作中の2人。

エンディング。2人登場。ちょっと泣いてない!?と矢島さんを見る野村さん。自分の失敗をひたすら気にする矢島さん。そんなことないよ!と再び励ます野村さん。
まず野村くんに感謝!と握手する2人。矢島さんの書いたネタを有無を言わさずやってくれる相方。こんな人、なかなかいませんよ。有無を言ったことないですから僕。あいつらと解散してなかったら今ここでやってないわけだから。黙って俺についてこい!!!
今回は主題歌や挿入歌など、すべてモクレン単独のためにオリジナルで作ってくれたミュージシャンがいる。いい声!甘い歌声!これはイケメンだぞー。登場したのは恰幅の良い男性。俺たちよりコメディじゃん!とお腹をつつく野村さん。矢島さんの学校の後輩で、インディーズで活動しているミュージシャン、ploughの荒井さん。
矢島さんの奥さんと娘さんもチラリと紹介。舞台に上がると照明で娘さんが泣いちゃうかもしれないので、客席から。アットホームなライブだわー!と野村さん。
3ヶ月に1回は単独をやっていくように頑張ります!

モクレンを初めて知ったのはコント食堂。前説で好印象、ネタも面白い、ユニットコントでの振り切れっぷりも好きだった。2回目に見たコント食堂でのインプロ企画に惹かれ、今まで興味のなかったワラインプロまで見に行くことに。流れで女装好き男子の会の女装インプロまで。
今までモクレンを全然知らなかったなーと思いつつ経歴を調べてみると、ナンブヤジマとプラスガンマ。当時の学生芸人の中では成功者ともいえる人たち!当時からのお笑いオタクは覚えてるよ!まさかこの2人だったとは。
前説とコントとインプロしか見たことなかったので、映像や漫才は新鮮。映像のアットホームさにはただただニコニコしていた。微笑ましい~。矢島さんいいお父さんだわ。野村さんの変な仕事には笑った。どこから声が掛かるもんなのかな…。
漫才での野村さんのキャラが、本当にそう思ってそう、と思えるリアルさ。矢島さんの描く野村さん像に、妙に納得させられる。有無を言ったことがないと野村さん本人が言っていたので、すべては矢島さんの手の中なんだろう。あれを言わせてると思うとまた違った面白さになってしまうけどw
スライドを使ったコントが本当に勉強になるヤツで、学生時代に見たかったなーと思ったり。数式や化学式でウマいこと言うのスゴいよ。勉強ばかりじゃなくゲームもチラッと盛り込まれていたのは親近感湧くね。
次の単独がもう決まっているので、また1回は行きたいな。どうやら昨日と映像やネタを変えていたようなので、最低2回は見たいな…。
単独を見て、さらにモクレンが好きになった。ネタも人柄も素晴らしいね。

拍手する

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">