ジャパネーズ公開収録ライブ「JAPANEZ CHANNEL」

@新宿ハイジアV-1 16:00

ジャパネーズのDVD収録のための公開収録ライブ。背後にはカメラが。客入れBGMは相変わらずのクラシック。

・子どものあそび組曲
音符を被った2人の様々な童謡の替え歌。モネさんの高音とアチャさんの低音のハモり。とにかく歌が上手い。

・V:オープニング
ジャパネーズハウスをフル活用した紹介映像。カエルのアチャさんとウサギのモネさん。

・言葉対決
必殺技の名前をひたすら叫ぶ2人。後半になるとカラクリがわかる。ノドが心配だけどカッコイイ言葉の数々は聞いてて楽しい。

・V:アチャキャス劇場版
指人形によるツイキャス。モネさんはコジコジ、アチャさんはポケモンのアチャモ。
組曲は著作権の関係でDVDやネットへのアップロードは出来ないため、ライブに来てくれたお客さん限定。大阪時代からやっているコントで、被り物ではなく正装のままやっていた。
次のコントは、東京に来てから作ったコント。色んなバージョンがあるけど、今日はコレ。

・ちゃぶだい~親父の威厳~
モネさんがテンション高くて絶叫しまくり。ニコニコと良い息子炸裂なアチャさん。BGMアリのバージョンだった。

・V:アチャキャス劇場版
モネさんの指人形がトトロに変更。
コントメンのオーディションで合格したコントが親父の威厳。グローブ座で披露したラジオ体操は著作権に引っかかるので今日はやりません。先輩にネタを見てもらうライブで披露して、新妻さんの意見を取り入れて変更を加えたコント。
次のコントは、大阪時代にNSC卒業後のライブで初めて1位を獲得したコント。

・本当は怖いニッポンジン
モネさんの鼻が取れるハプニング。表現がさらにリアルに、さらにエグい感じに。

・V:アチャキャス劇場版
モネさんの指人形が叫んでるトトロに変更。途中でムーミンのご先祖様に。アチャさんの指人形はミニコーラに変更。
アチャキャス~!と紹介しようとすると、もう良くない!?とモネさんからストップが入る。
この撮影時にはまだ作ってないけど、帰りにザ・テレビジョンのようなコント紹介ペーパーを配る予定。ここまでやるフリーはいませんよ!とモネさん。自画自賛ですけど!誰も褒めてくれないし!オレは褒めてるよ、とアチャさん。
次のコントは、大阪時代からやっているコントをリメイクしたもの。今日の中で一番長いかもしれない。

・うらあるうらない
メイクバッチリなモネさん。ニャー!!!!!冒頭の振りが終盤に効いてくるコント、大好きだな。

・V:アチャキャス劇場版
モネさんの指人形がコジコジに戻る。アチャさんはキューピーのアチャさんバージョン。ミニアチャ。
うらあるうらないは大阪時代にKOC1回戦でスベりまくったコント。2分は難しい!今回はフルバージョン。長尺は伏線を張れるのがいいですね!クレオパトラじゅんという名前は大阪時代から使っているもので、当時は東京にクレオパトラという芸人がいることは知らなかった。
次のコントは新ネタ。今日が初おろし。新たな試みも入れているネタ。着替えの時間が掛かるので、あと1分稼ぎましょう!好きな食べ物は?王将ではレバニラを頼むモネさん。アチャさんは天津飯。あんかけが好き。知ってるー。

・花占い
セーラー服の女子高生は、好きな男の子に告白する勇気をもらうために花占い。そこへ不気味なキャラの同級生がやってくる。アチャさんの女装と不気味なモネさん。狂気への転落。

・V:アチャキャス劇場版
怖かったねー!と震える指人形。アチャさんがオチのキッカケになることは珍しい。そしてブラックオチは久しぶり。アニメっぽい設定がお気に入りのモネさん。
髪を切りたいモネさん。髪を切ったばかりのアチャさん。床屋のおじさんがつぶやきシローさんの髪を切ったことがあると話してくれた。モネさんがアチャさんにモノマネを振ると、かなりちゃんとしたヤツを披露する。上手い!スゴい!と喜ぶモネさん。
次のコントはジャパネーズを象徴するコント。これキッカケでジャパネーズを好きになってくれた人も多い。今回は新しい展開が。

・圏中
前半の効果音と後半の小道具により、さらに豪華になった!アチャさんがノリノリなのが楽しい!

・V:アチャキャス劇場版
エンディング~!まだだよ!エンディングは本物の僕らがいるの!
コント中に使った小道具をちゃんと見せてくれるモネさん。ひっくり返すたびにアチャさんの顔芸。モネさんがこんなものを作っていることを知らなかったアチャさん。
圏中はPVにしたいモネさん。歌ネタを集めて音楽フェスをやってみたい。まだネタが足りないからもっと作ってから。2人とも音楽は好きだし、モネさんはピアノを習っていた。
白塗りが特徴的なネタ。クレパトとのユニットライブでの白塗りでも、モネさんが一番綺麗だと言われる。化粧品のCMとか来ないかなー、とアチャさん。桃井かおりとか。
最後はジャパネーズの代表作。ひとつ新しいエッセンスを加えている。またいつかどこかの液晶画面で。

・ジャン・ケン・パン
舞の部分でBGMが追加されてる!音が大きくて2人の声が聞こえにくかったのがもったいない。しかし豪華版が凄すぎる。初めてジャパネーズを見たときのネタがこれなので、私も思い入れあるなぁ。

エンディング。もうちょっと完成させたかったなぁ、と早速反省しているモネさん。これは後でやろうか!とアチャさん。
重大発表。10月17日、アチャさんのソロライブやります!この日はアチャさんの30歳の誕生日。モネさんも台本等で参加の予定。人来るの?と不安そうなアチャさん。オレは来る!とモネさん。どうする?90分?60分?嬉しそうな顔でぴょんぴょん飛び跳ねているモネさん。Sっ気を出さなくていいよ!とアチャさん。
ジャパネーズはこういうライブでのこだわりには自信がある!とモネさん。ジャパチャンは帰るまでがジャパチャンではありません。人に勧めたり口コミをするまでがジャパチャンです!

単独ライブ以外で、まとめて1組のネタを見る機会って無いよね。単独ライブはだいたいが新ネタをやったりするので、過去のネタを見たいときはネタライブに足繁く通うしかない。それでもタイミングが悪いと同じネタばかり見ることになる。
というわけで、こういうベストネタライブは大歓迎!幕間映像であれこれ解説してくれたり、帰りに貰ったフリーペーパーでモネさんの解説が読めたり。チラシやアンケートに至るまでモネさんの手作りで、作りこみが凄まじい。絵も字も可愛いから、新しいものを見られるのは嬉しい。アンケートの片隅にアドベンチャー・タイムに似せたジャパネーズが描かれていた。あれ可愛い。
この中のどれかがYouTubeにアップされ、著作権が大丈夫なネタがDVDになるらしい。新作以外は全部見たことあるネタだったけど、それぞれ変更が加わって豪華になったり新展開だったりで楽しかった。圏中の変わりっぷりが面白かったなぁ。
花占いは私の好きなブラック系。平和そうな見た目のアチャさんが狂気を演じるとより怖いね。このままやり続けるはずがないので、どう変わっていくのか楽しみ。それにしても最近アチャさんの女装に違和感を感じなくなってきた。何なら可愛く見えてきた。本人がまんざらでもない感じなのが余計にw
次はアチャさんソロライブということで…どうなるやら。普段はモネさんがネタ作ってるし発言も多いから世界観とか狂気とか伝わるけど、実はアチャさんの方がヤバい気がするんだよね。クレパネ見てるとねぇ。30歳初ライブ、楽しみだな!

拍手する

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">