しげるの素「年末っ素 2015」

@ダブルトールカフェ渋谷店 18:30

シティボーイズ斉木しげるさんのトークライブ。ディナーは食事付き。

開演前、二次会に行く人!とスタッフさんが点呼を取っていたのが気になった様子の斉木さん。オレは明日の麻雀大会の仕込みがあるから行けないんだよ。

乾杯直後、コントやろうか!と若手たちを慌てさせる。
若手のネタコーナー。オルカ「コーラス部の体験入部」。歌っている学生。顧問の先生が独特すぎる。
斉木さんとトークの時間。私の好きな世界です、と斉木さん。いい声だね。高音は武器になるよ。米良さんかっていうくらい。でも使いすぎてもダメ。無駄もないし完成されてるよね。じゃあ…と終わらせようとした斉木さんに、ママスパパスみたいなアドバイスを!と食い下がる竹内さん。
間を作っていかないと。今のネタをゆっくりやって成立するか。高音を聴かせるとかね。羨ましいね、ボーイソプラノ。他にも面白い部分があっての高音。
長いネタをとにかく作れ!最低10分。みんなもだよ!と後ろの若手にも進言。ハイ!すみませんでした!と日高さん。長いネタでも成立するものを短くするのは簡単。続きが気になるくらいがちょうどいい。

若手のネタコーナー。シンボルタワー「闇医者」。闇医者に大金を積んだ男。治してくれ!!!
斉木さんとトークの時間。演劇やってた?やってません!演技が下手で知られてます。間が演劇っぽいよね。テンポが大事。演技力がありすぎると無駄が無くなってしまうから、別に演技が上手い必要はない。
オレが稽古つけたらあのネタ2分で終わっちゃうよ。ギャグいっぱい入れる隙間あったよね。難しい病名とか、いくらでも入れられるよ。

若手たち4組がここで終了。帰っていく。
コメディアンの去り際は、逃げるように帰って行くんだよ、と斉木さん。ギャグ漫画のようなジェスチャーでお客さんにペコペコしつつ階段を下りる樋渡さん。背後から竹内さんがひっぱたく。
目の肥えたお客さんの前で出来るのは幸せだよね。面白いところで笑うのがいいお客さん。面白くないところで笑うのが素人。

最近見た映画。セッション、靴職人と魔法のミシン、キングスマン。最近宮部みゆきの時代物を読み始めた。ドラマ化するのになんでオレを使わないのかなー!
推理小説は嫌い。日常で凄惨な事件が起きているのに、本でまで読みたくない。科捜研の女とか、ドラマは見ちゃうけどね。謎モノが苦手。パズルとかクロスワードとか。
雀荘で将棋を広めたヤツがいて、雀荘に将棋盤を持ってきて対局している。麻雀の人数が集まるまで将棋。

本から名言を紹介。
希望も夢も勝利も前にある。
愚痴っぽい人は、周りも重くしている。逆に愚痴を言うことを楽しんでいる人もいる。
一凶を絶つという言葉が真理だと思っている。斉木さんの一凶はパチンコ。最近パチンコをやらなくなったら、調子が良くなってきた。
世界平和の一凶は、誤った考えではないか。
生まれてきちゃったんだから、生きるしかない。
ハッピーに生きないと。ただ平穏無事では何も残らない。苦難を乗り越え、苦難を楽しんでこそ。

プレゼント大会。シティボーイズ公演「燃えるゴミ」で使用した小道具や進行表やポスター等。
それぞれ斉木さんのサインを入れるのだけど、大竹さんが使用していた刀には大竹さんのサインを模倣。30年見てるからわかるんだよ。きたろうさんのサインも模倣。30年連れ添ってるから。
メインの泥だんごは大人気!当たった夫婦に、帰りに割らないように注意してね、と声を掛ける。夫婦喧嘩になったら、泥だんご割るよ!と脅す!?
全員に何かしらのプレゼントが行き渡った。

来年やりたいことは。
1人でも舞台をやりたい。あとは乾杯戦士アフターVの映画化。
今後のしげるの素、競艇に行くという手もあるね。千と千尋の神隠しの舞台になった旅館に行くとか。有馬記念が当たればバスをチャーターしてみんなで行こう。
歳食うとヒマになるんだよ、という斉木さんの言葉に大笑いする同い年のマネージャー。いいの!忙しいと死んじゃうから!今人生で一番忙しいのは大竹だよ。あいつ寿命短いぞ。
2年後に先輩たちが死ぬでしょ。そしたら出番が来るから。鍛えておかないと。80歳で大スターとか凄いよな!

食事をしながらコントを見て、斉木さんの様々なお話を聞く。そしてプレゼント。大満足!
オルカがめっちゃ褒められていてとても嬉しい。1部でボーイソプラノの話が出てたから、コーラス部やるといいなぁ…と思ってたらまさに!奇跡起きた!竹内さんが、僕もボーイソプラノという台詞を足していた。あの歌声はやはり素晴らしいよね。ただただ美しいよ。最低10分のネタ、見たいなー。7,8分のネタは見てるけど、そこまで長いのは見たことないかも。conte shyでそういうのやってくれないかな。
プレゼント大会、まさかの当たり!マイクをいただきました。面白侍のときに使ってたヤツ…だよね…?1回しか見てないからあやふや…。棚の上にサイン入マイクが置かれている我が家。
斉木さんの知識と教養が凄すぎて、一部よくわからない話もあったけど、それでも5時間楽しく聞けたのは話術のおかげよね。素晴らしい。
今回若手たちが呼ばれたのは、斉木さん主導のようだ。凄い。また呼んでくれるだろうか。有馬記念当たったら何かしらのツアーもやってくれるかなw

オルカ
オルカ
シンボルタワー
拍手する

2 Responses to “しげるの素「年末っ素 2015」”

  1. コロボックル

    しげるの素でお声をかけたものです。凄くきっちりレポートされてますね!このブログを読めばどんなお話があったかすぐに記憶が蘇って2度楽しめます!今回もとーっても楽しかったですね。広島から行った甲斐がありました。有馬記念は当たらなかったみたいで温泉旅行は次回期待でしょうか(^^;)また、しげるさんの会なり何かの機会にお会いできるといいですね(^^)

  2. ナオミ

    その節はありがとうございました!
    数ヶ月後、数年後に自分で見てニヤニヤしたいので、覚えてる限り書くようにしてるのです。長くなりますが…。
    有馬記念は残念ながら外れてしまったようなので、温泉ツアーは幻になりましたねw
    またどこかでお会いできますように…!

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">