表現の自由vol.9

@池袋GEKIBA 19:30

キズマシーン主催、長尺ネタライブ。持ち時間は10分とのこと。

MCはキズマシーン。カミノさんは18日が誕生日だった。おめでとうの言葉がないですよね?と客席を見るカミノさん。バッキバキじゃないですか、と笑うSAMIDAREさん。
25歳になって良かったこと。単独のチケットが2枚売れた。
SAMIDAREさんは誕生日プレゼントに、CDを入れるとそのまま音楽を流せるスピーカーをあげた。オルカの竹内さんから、ネタ見せのときなんかに使えるという情報を得ていた。あれ使ってるよー、と嬉しそうなカミノさん。
竹内さんとボードゲームカフェに行ってきたSAMIDAREさん。前回は樋渡さんと遊びに行ったし、オルカ2人の間で揺れるSAMIDAREさん。オラオラ系の竹内さんもいいし~、優しい樋渡さんもいいし~。どうしよう~~~!
カミノさんは最近マンガにハマっている。マンガ喫茶のバイトが楽かなと思って始めたら、マンガを読む時間が増えて良さが改めてわかった。夜勤なのでネタ合わせにヘロヘロの状態でやってくる。対して、ネタ合わせ中に寝るSAMIDAREさん。
クレオパトラが出演予定だったけど、桑原さんが体調不良のため欠席。前回クレオパトラ主催のライブに初めて呼ばれたキズマシーン、そのときも桑原さんは欠席だったので、本当にいるの?という状態。カッパかペガサスか…。

すとろんぐカラ~、漫才、親の助言。そうなっちゃうよねぇ、という富田さんのツッコミというか同意が癖になってくる。
コル、漫才、野菜炒め。開花宣言やら花粉症やら、時事ネタが似合うと思っている蜂谷さん。笑うとこじゃないッスよ。野菜炒め以前のところで躓く蜂谷さんを根気良く誘導する鈴木さん。なんでここコントで練習するの!?長尺だと鈴木さんの苦労が増えるよねwコルはずーっと見ていなくなる漫才なので、長尺ネタ見られると嬉しい。もっとウダウダ喋ってるの見たいくらいだ。
キズマシーン、コント、父の再婚。劇団のワークショップにハマっている父、迷惑を被る息子。母の設定が2次元っぽいw
パーパー、コント、お見舞い。事故で歩けなくなった女の子、クラスの嫌いな男子にお見舞いに来られて嫌がる。めげない男の子、そのパワーがスゴいよ…!

中MC。SAMIDAREさんが話したい人を呼んでトークするコーナー。今回はパーパー。
マセキの動画を見るプロのSAMIDAREさん。パーパーのネタを動画で見て面白いと思っていた。
マセキの養成所で組んだコンビ。元NSCだった星野さん、マセキの養成所に入ってから山田さんを見付けた。ネタ見せでネタをやっても、ボケが入れられなくてただのストーリーになってしまっていた山田さん。ネタ書いてくれるって言うから。
ネタ見せでの山田さんの伝説。ネタを終えた後、みんな挨拶して帰っていくものだけど、ヤッター!セリフ全部言えたー!とジャンプして喜んでいた。スゴいのいた!と思っていた星野さん。
賞レースを一切見ない山田さん。最近KOCをイッキ見した。タイプの男性は江戸川コナン。
星野さんの趣味はひたすらモンスト。月1のマセキライブの前に1万円課金するのが習慣になってしまった。そのうち自己破産すると思います。
JCAに行こうとして60万円貯めていたけど、結局行かなかったカミノさん。金があると思って豪遊していた。SAMIDAREさんは17歳の時にバイトで70万円くらい貯めていた。引っ越してから、無駄に渋谷に行って布団とか買っていた。金があると使っちゃいますよね、と星野さん。
恒例の好きな食べ物を聞く。山田さんはトマトジュース、星野さんは白米。やっぱり盛り上がりませんね、とカミノさん。

黒猫の背中、漫才、電車を止める。筋力が低下しているから筋トレのために、という理由が出来ているwはいはい、俺はウルサイよ!という中畑さんのやけくそ。新宿は日本じゃない!こんな異文化認めない!ここは池袋だったー!今日は腰痛いんだ…と不安そうな中畑さんに、あとでマッサージするから、と中里さん。ヤメロ仲良いと思われる!元は3分ちょいのネタのはずだけど、ここまで自由に好き放題やってるのを見られるとは。良い物見たー。めちゃくちゃ笑った!
オルカ、コント、ツイッター中毒。何でもかんでもツイートしまくる樋渡さんにブチ切れる竹内さん。見えないフォロワーに向かって、有益な情報をツイートしろよ、とアドリブなのか台本なのかわからないコーナーが始まる。ツイートしたからおまえが読めよ、と反撃される竹内さん。こういうの単独の1本じゃなきゃダメじゃね?新ネタをやると言っていたので期待していたら、とんでもないのを持ってきた。後半ほぼアドリブ?2人とも自分たちのせいで追い込まれてたけどw攻めてくるねー!いいよいいよ、こういうの大好きだよ。
ジャパネーズ、コント、カウンセラー。カウンセラーの悩みは誰に相談するのですか?延々と続くループを抜けだしたと思ったらまた別のループ…ぐるぐるするー!大阪単独の1本らしい。モネさんがガクガク首を揺らしながらセリフ言ってるのを見ると、人形に見えてくる不思議。
クレオパトラ長谷川、コント、夏の思い出。43歳の男の、家族で親戚のいる村へ行った小学生時代の話。村の人間から嫌われていた都会人の少年、徐々に仲良くなっていった同い年の親戚。自然破壊が起こりつつある村、明らかになる異常現象。まるでホラー漫画を見ているような展開で、ワクワクしながら聞いていた。凄まじいストーリーだった。ピンネタでも面白いとかさすがです。

エンディング。黒猫の背中はいつものネタだった。体感は3分半だったけど、実質9分。いつもダラダラやってるじゃん、という言葉に怒る中畑さん。客席でずっと見ていた阿部さん、出囃子が好きなの選べるから、それが良かった!と嬉しそう。ジャパさんの椎名林檎とかいいですね。ネタじゃねぇのかよ!と突っ込まれる。
星野さんのモノマネが上手い阿部さん。長谷川さんも真似をする。アンガールズにシフトしていく長谷川さん。

表現の自由を見ると毎回同じこと思うけど、やはり長尺ネタは楽しい!
10分やっていい、20分でも怒られない、なんて自分たちが主催したライブ以外じゃなかなか出来ないよね。好き放題やってるのを見られるのは嬉しい。元々のネタを延々と伸ばす黒猫の背中方式もスゴい。やってることは確かに3分半と同じなんだけどね。ずっと笑ってたなぁ。
オルカがこれに合わせて新ネタを作っていたようで、何分くらいやってたんだろう?アドリブ入れると結構な時間だったと思う。他のライブでやってくれるかわからないけど、竹内さんが普段から不満に思ってそうなことをガーッと吐き出している姿は見ていてスカッとする。解決策を提示した上での芯の通った悪口は聞いてて気持ち良いよ。納得しちゃうし。樋渡さんの普段のツイートは都々逸ばかりなので、このネタのキャラとは真逆なんだけど…本当にこういう人いるからなー。普段のオルカを知らないけど、なんだか普段のオルカを見ているようで楽しかった。友達設定のネタが意外と少ないから。
長谷川さんのピンネタに出てくるバケモノの描写を聞いていて、どうしても南国少年パプワくんのタンノくんが思い浮かんでいた。魚に手足ってコレ以外にいる?いつ網タイツっていうのかドキドキしてたけど、どうやら違ったっぽい。長谷川さんのストーリーを作り出す力は本当に凄いよ。ホラー展開大好きだから、めちゃくちゃ楽しかった。マンガで読んだ上で実写化したものを見たい。クレオパトラ単独で見るような雰囲気だったなぁ。
次の表現の自由は未定とのこと。楽しみに待ってます!

拍手する

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">