天保山ワールドパフォーマンスフェスティバル2016

@天保山マーケットプレース

最終日もあいにくの雨で雨天スケジュール。

海遊館ホールで、XTRAP。
指を使ったパフォーマンス?という情報だけで入ったら、アニメーションダンスも交えつつ、指と腕を使った不思議なショーだった。暗転の中で蓄光手袋を使ったパフォーマンスが綺麗だったな。非常口の緑の光が無ければもっと良かったけど。机上の指パフォーマンスもアイデアが素晴らしい。カメラの影が入らない環境で見たい。

同じく海遊館ホールで、念願の望月ゆうさくさん。
準備中に音確認のためステージ上でタップを披露。タップしながら3ボール、4ボール。上手く出来たり出来なかったりなのか、ふふっと微笑みながら。
本編は、ディアボロの歴史を紐解いた「輪鼓」、タップをしながらの激しいディアボロ、そしてIJAで優勝した作品を。
彼の光るディアボロがぐるぐる回り続ける様を見ていると、催眠術のよう。スティックを祈るように頭の上で捧げ持って回転する姿は美しい。本人も客席もトランス状態になるあの感じ、涙が出てくるよ。この高さで4つ回す技量もさすが。笑いの多いパフォーマンスも大好きだけど、対極とも言える、トランス状態に陥るほど技術と表現を魅せてくれるパフォーマンスも好きなんだ。

ロタンダステージでZANGEさん。XTRAPの金髪の人だ!
XTRAPのソロでも少しやっていたコンタクトジャグリングと8リングと軟体技。腕と肩の関節どうなってるの!?見てる方はヒィィ!となってるのに、本人は笑顔。どうなってるんだ…。前屈から背中を床に付けるまで360度行く人は初めて見たよ。凄いよ。
場所が空いてなくて横からだったけど、不思議なコンタクトジャグリングは正面から見たかったな。

同じくロタンダステージでidio2。
ジャグリング、マジック、ボイパ、なんでもアリのコメディパフォーマンスコンビ。カメラを構えてるとHi2さんがちょいちょい決め顔を向けてくれるし、失敗したら初心者マークを下げるし、一瞬で縄抜けするし、デビルスティックで置いてあったコーンを使うし、お互いやお客さんに怒ったりキーキー叫んだり、子どもを客上げして一緒にハットジャグリングを繰り広げたり。
とにかくもう、ずーっと笑ってた!めまぐるしいドタバタコメディ大好き!また見たい人が増えたなぁ。

マーケットプレース前でようやくシンクロニシティ。雨天スケジュールで予定が狂ってしまったので見られたのは1回限り。
準備中、ザワッとなる周辺。ポケモンGOでカメックスが出たという情報に、俺も行きたい!と騒ぐラガーさん。僕らのショーは30分だけどカメックスは15分ですからね、とチャチャさん。
今日は最後だから出し惜しみなし!フルバージョンでお届けします!とラガーさん。ルービックキューブでピカチュウを再現。6本クラブでは最も危険なチャチャさんの6本目キャッチがすり抜ける事件勃発。シガーボックスは失敗キャラのチャチャさんではなくラガーさんが失敗しまくり。ルービックキューブでルイージ、ファイヤールイージ。最後にファイヤーショー!
何か事件が発生したときの2人の言葉巧みな対応が素晴らしいよ。めちゃくちゃ笑った!idio2です!とチャチャさんが名乗ったり、一輪車から落ちて脳みそブチまけたら本当のブレインダイブ!とかあのポーズやったり、好き放題なチャチャさんw静まり返ったマーケットプレース前に、のび太さんのエッチー!!!の声が響き渡るw
ここで一度もシンクロニシティと名乗っていないことが、後々に影響を及ぼすことに…。

最後はもう一度、望月ゆうさくさん。
輪鼓を演じているときの覇気に圧倒される。1回目はとにかく技術と表情に魅せられたのだけど、ちゃんとナレーションも聞くと、あの衣装の背中の家紋や装飾にも意味があると知る。とても気持ち良さそうに微笑みながらディアボロと戯れている姿、こちらも笑顔になってしまうよ。
音響トラブル中、舞台上に正座しながらディアボロ談義を始めたり、演技の解説を交えた講義のようなトークも素敵。ディアボロが、大道芸が、本当に大好きなんだと伝わる。もっと色々聞いてみたい。ただただ圧倒されながら見ているのも楽しいけど、何を伝えようとしているのか考えながら見たらより楽しめそう。
3回連続ホールで見たので、次こそは青空の下で見てみたいね。高く上がったディアボロを見上げて、おお~!と叫びたい。

天保山ワールドパフォーマンスフェスティバル、締めくくりは海遊館ホールでグランドフィナーレ。本日の出演者が前列に座っている。
まずは3日間のダイジェスト映像から。3日目は映像が間に合ってない人たちが何組かいたし、idio2のときは名前が載ってなかったし、シンクロニシティの映像にはidio2と書かれていたし。ほらー!名乗らないからー!…にしても、作った人は1組だけ名前が無いことに疑問を抱かなかったんだろうかw
全組が少しずつパフォーマンス。見られなかった人たちのショーを少しずつ見られてお得。シンクロニシティは昨日考えたというルービックキューブの「技」。5分くらいかかります!というラガーさんの声に、遊び始める両脇。音楽に合わせてリズムを取りたい、目隠しパフォーマーのMIME+。バルーンパフォーマーAKIさんと息が合わずジタバタ。しげきひろしさんにけん玉を渡され、挑戦するXTRAP。なかなか成功しないNARIさんを見て、手を出しながら近寄るラガーさん。MCの人に止められるw
完成した「技」にどよめく会場、締めようとするMCを止めるラガーさん。これで終わりじゃないですよ!今回のテーマは技と芸でしたよね?と、一段ずつひっくり返していくと…「芸」になった!さらにどよめく会場。
望月ゆうさくさんは、輪鼓の衣装で光るディアボロ。ノリノリな音楽に合わせてのパフォーマンス。アンバランスだけどそれも良い。
idio2は2回目ではやっていなかった、長いポールを使ってのデビルスティック。届かないこ~すけさんに、肩に乗るよう促すHi2さん。肩車でデビルスティック…!
コインを使った投票は、バルーンパフォーマーAKIさんが受賞。そしてMVPは望月ゆうさくさん。
最後は全員で集合写真を撮って終了。

かなりドタバタした2日間。雨でスケジュールが全体的に狂ったので、シンクロニシティが1回しか見られなかったのは残念。本来2回ずつ見られるはずだった望月ゆうさくさんとの二択になった。希少度で望月ゆうさくさんを選択。同じジャグラーというジャンルだけど、対極のパフォーマンス。どっちも好き。
結局見なかったMIME+の目隠しパントマイムがとても面白くて、見れば良かった!とギリギリしたり。後から片方がWAO!!さんだったと知って、より悔しかったり。コラボショーを見て、もう一度見たいと思ってたのに!素性を先に調べておけば…次の機会はあるかな…。
シンクロニシティのファイヤーショーは久しぶりに見た気がする。天井の低い過酷な環境でもフルバージョンでお届けしてくれるサービス精神、さすがです!熱さが伝わる距離で見られるのも楽しい。グランドフィナーレの技と芸も素晴らしい。どうやってあんなの考えてるんだろう。想像もつかない。
大道芸の楽しさを実感すると、もっと見たくなってくる。10月の京都大道芸祭も見に行こう。関西勢を一気に見られるチャンス!

拍手する

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">