ヘブンアーティストTOKYO

@上野恩賜公園

晴れた日の大道芸は良いね!

目黒陽介くん。準備段階から、椅子に座ってバウンスボール。徐々に増えるボールの数にざわつく観客。2ヶ月ぶりに出したディアボロが歪んでるんだよ、とブツブツ言いながら観客との境目を作る。
ディアボロ、ボール、そして棒を組み合わせて三角や放射状や四角にしたものでジャグリング。5つのボールを投げては追いかけクルクル回る姿はどこかコミカル。独創的で美しい世界。
10年ぶりくらいに見たのだけど、技術の高さと美しい所作とオリジナリティは相変わらず、そこに余裕のある笑顔と言葉が加わって、格段に面白くなっていた。昔はクールでちょっと怖い印象だったから、今の方が好きだな。

ダメじゃん小出さん。家では順調だったマイクが不具合ということで、スタンドマイクでお届け。マイクがないと不安なんだよ!と、無理やりスタンドマイクの前でジャグリングしながら喋りまくったり。俺持ってるなー!と笑う余裕が素晴らしい。
お手伝いを頼んだ男の子がとてもよくわかっていて、綺麗にオチまで演じてくれた。良い教育してますね!とお母さんを称える小出さんwしかしミッキーはビックリしたなー。用意してんのか!

空転軌道。ヘブンアーティスト合格しました!という小林さんの声に、拍手と歓声で応える観客。ホームですね!と嬉しそうな3人。
5本のリングをゆっくりゆっくり、3人の身体の部位を使って受け渡していく。6本に増え、今度は歩き回りながら投げたり受け渡したり、どんどん入れ替わっていく。そしてシガーボックスも同様に、受け渡したり座ったり。ディアボロはほぼ1人パートだけど、ちょっかい出したり協力したり。そしてリングとハンドベルを使って観客とも一体化。最後はハンドベル付きのリングで1曲。
空転劇場を見に行くときに調べていたら彼らの存在を知って、動画を見てどうしても見たいと思っていた人たち。浅草では雨天スケジュールで見られなかったのでようやく。ストリートのざわめきの中でもハンドベルの音は綺麗に響いて美しい。拍手とともにどよめきが起きた。個々の技術もとてもレベルが高いし、身長差を活かした連携技もお見事。得意分野がリング、ディアボロ、シガーボックスと分かれてるっぽいのも良いね。良いチームだ。もっともっと見ていきたい人たち。

Performer SYO!さん。結構な僻地で人の集まりも悪く、初期メンバーの皆さん!と観客に協力を求める。凄まじい技や危険な技をバンバン出してくるのに、このちょっと気弱で達者な喋りが微笑ましいよ。
水晶のコンタクト、ディアボロ、小さいディアボロ、ハンドバランス、ローラーボーラーとナイフジャグリング。
東京都は火が使えないとのことで、あの豪快なファイヤーショーは見られなかったけど、代わりにアットホームな笑いと空高く飛ぶ小さなディアボロが見られた。取れません!!!と割り切る姿勢がステキw

シルヴプレ。準備、ふれあい、大安の朝、ダブルス。
縦横無尽に静かに動き回る白い2人。人参をかじる姿を間近に見られたのは嬉しい。写真を撮りながら見ていたら、堀江さんが目の前にw柴崎さんが背後の山を駆け登ったり、噴水に頭を突っ込んでずぶ濡れになったりとやりたい放題!
客上げされたお兄さんが近くに居たので、2人が頻繁に寄ってくる場所で見られて嬉しい。至近距離の堀江さんはびっくりしたけどwほっこりするシルヴプレの世界、夕方の薄暗くなってきた頃だったのでより没入出来た気がする。楽しかったなぁ。

森田智博さん。白い衣装に蔦を絡め、顔にはクラウン風のペイント。これで純粋なジャグラーなんだからちょっと面白い。
立てたトランクの上に乗ってグラグラしながらクラブやボールを回したり、観客にクラブを投げてもらったり、ハットを投げてもらって水没してガックリしたり、水晶を操ったり、光るディアボロを回したり、手伝ってくれた人にはミルキーとペロペロキャンディーから選んでもらったり。ウロチョロしまくってお母さんが必死で抑えていた男の子に、ミルキーを袋ごとあげていたのは微笑ましい。
高い技術や魅せる表現力も素晴らしいのだけど、表情がとても良い!クルクル変わるってほどでもないのに、どこか人を惹き付けるような微笑みを浮かべているのが印象的。水没したハットを地面に押し付けてスタンプのように丸を量産していた姿には笑ってしまったw

Daggle KOMEIさん。陽は落ち照明もないポイントで、背後の噴水の点灯が頼り。
サラリと準備運動とばかりにアニメーションダンス。ハットジャグリングと皿まわしの後は、キッチン用品を使ったジャグリング。お玉とボール、鍋と蓋とボール、フライ返しとボール。なんで落ちないの!?という状態の連続でひたすら驚かされる。そして水晶。最近の流行りなのかやる人が多いけど、アニメーションダンスの人がやると滑らかさにダンスの動きが加わってとても美しい。最後は蛍光緑のリングとクラブでジャグリング。背後の噴水が時間ごとに色が切り替わっていくのだけど、ちょうど緑の道具を使っているときに同じような緑色に光っていた。幻想的な空間。
失敗するととにかく踊る。そのダンスも見たいから、失敗しても楽しめるwお得な人だ!ちょんまげ作ってリング回すとか、なかなか見られない芸当だと思う。パッと見はいかついカッコイイ感じの人なのに、変なこと思い付くなぁと楽しくなる。今度は明るいときに見たいなー。

昼から夕方まで5時間半。人が多すぎたり時間が押していて断念したパフォーマーがいたりしたけど、見たい人がたくさん見られて良かった。
空転軌道の初大道芸は見られなかったので、晴天の上野で見られて嬉しい。やはり凄い人たちだ。静岡にも出るので、1回はどこかで見たいな。何がどうなってるのかわからなくなってくる連携が素晴らしいよ。ディアボロの不思議な技の連続が好き。
森田さんはたぶん初めて見た方。大道芸は技術や喋りにも惹かれるけど、表情が良いと見ていて楽しい。今度は明るいところで見てみたいな。
数年ぶりに見た人たちが多くて楽しかった!大道芸は定期的に見ないと、知らない人がどんどん増えちゃうな。

拍手する

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">