大道芸ワールドカップin静岡2016

@静岡

2日目!今日は平日だからお客さんが少ないはず。今日のうちに見たい人たちをたくさん見なきゃ。

旧クリエーター支援センター。オン部門の望月ゆうさくさん。
新作の「白でもなく、黒でもなく」。サラリーマンをテーマに、スーツとメガネ姿で演じる。暑い昼間、汗がボタボタ落ちている水滴さえも見えるほど。声入りの音を流しながら、ギャグテイストも交えつつ、苦しげな表情と少しの笑顔でひたすら白と黒のディアボロを振る。後半、笑顔全開の嬉しそうな幸せそうな表情でキラキラした水色のディアボロを振る姿が素敵。雲ひとつない青空に高く投げ上げられるディアボロがとても良い風景。
望月さん演技中、勢い良く転がってきたディアボロが膝に当たった。これがまた痛い!練習中に失敗して落下してきたりしたら、全身アザだらけになるよね。改めてパフォーマーの努力を思い知る。

オン部門のZANGEさん。
相変わらずの美しい動きと凄まじい柔軟性。悲鳴に近い歓声とどよめきが沸き起こる。どう考えても関節が曲がっちゃいかん方向に曲がってる気がする。不思議な8リング、背後の建物が白だからちょっと見えにくかったけど、晴天で影ができて、重なりあうリングに影が写ってそれも綺麗だった。

25週年企画のベンチャ。
建物の屋上からロープを垂らして、壁でダンスとアクロバットのパフォーマンス。踊るような動きが素敵。女性がドレスにピンヒールなんだよ!男性はある程度の装備ができそうだけど、女性は見てて怖いよ!遠目に見ると細身だったけど、地上に降りてアクロバットやってたら、すごい筋肉!そりゃそうか…。パフォーマンスにもいろいろあるんだなぁ。凄いものを見た。

静活前。フリンジ部門の渡辺あきらさん。
シルクハット、ステッキ、細身の燕尾服のようなコート、白い手袋、赤いボール。ウォーミングアップからスタイリッシュで素敵。新作の箱と音を使ったバウンスパフォーマンスが素晴らしい!スピーカー入れてボールが跳ねる音を聞こえるようにしてるようだ。箱の間にボールを跳ねさせるだけでも、横向きに座って足を反対側の箱に上げてというスタイル。とにかくもうカッコイイ!立ってるだけでも美しいのよねぇ。そんなスタイリッシュな出で立ちなのに、関西人の話術が重なって面白いんだ。あと大ジャンプ。

フリンジ部門のidio2。
いつもは大人気の彼らだけど、平日昼間だから2列くらいしかお客さんがいない状態で開始。とにかく遊ぶ遊ぶ。棒の上にハットを乗せてバランスやって、相方に取らせるっていうのは初めて見たな。Hi2さんのときはこ〜すけさんがサラッと取って成功。こ〜すけさんのときは、Hi2さんがお客さんのカメラに向かってポーズ取って聞いてなかったり、棒を取る素振りをしまくって顎ジョリッってなる!とこ〜すけさんが怯えたり。けん玉の糸を使ってディアボロをやるこ〜すけさん凄すぎないか。糸ならなんでもいいのか!肩車デビルスティックはやっぱり迫力あるわ。最終的には360度囲まれるくらいお客さんが増えていたのはさすが。彼らのパフォーマンスは足を止めちゃう魅力があるよね。
めずらしく待ってるお客さんが誰もいなかったので、初めてお話させてもらった。Hi2さんに山本劇場や昨日のナイトにいたことを覚えられていてビビる。こ〜すけさんはデビルスティックで使う棒の秘密を教えてくれた。天保山のヤツは回しやすいらしいw

児童公園。オン部門の池田洋介さん。
大幅に時間が押していたものの、どうしても見たいので他を諦めて待っていた。無力な自分のストーリーを語る声とともに、文字が書かれた新聞やかばんや箱やカードをめくったり剥がしたりかぶせたり。まるでマジックのよう。そしてメトロノームとキーボードの音でパントマイム。驚く表情がいいよねぇ。Helloの曲と言葉の書かれた道具の使い方が鮮やか!ラストのHELLOの文字が出来上がる瞬間、どよめきと拍手が沸き起こった。最後にもオープニングと同じストーリーを語る声と道具たち。同じ言葉なのに、順番を入れ替えるだけで前向きで力強いストーリーに変化する。感動して涙出てきた…!

青葉B3。オン部門のウィッティールック。
もう一度アナ雪を見たい!と思ってやってきた。市街地はちょっとポイントが狭いので、お客さんもギュウギュウ。開始前、終盤に使う街頭を模したポールにDAIKIさんがスルスル登り、蓋を開けて電気を点けた。点くんだ!?ジッと見守っていたら、こっちを見てニヤリと笑われた!端っこに座って見ていたら、衝立の後ろが丸見えwあまり見ちゃいけないと思いつつも、背後で素早く着替えたり水を飲んだりする姿を垣間見るのは楽しい。正面からは見えないのに、衝立の裏でもちゃんと驚いた表情を作るDAIKIさん好きだわ。プロだわ。長い一輪車のとき、Cheekyさんがどんどん下がってきて私の膝の上に座ったwこれどうしていいかわからんなー!近くの人たちがみんな写真撮ってたけど、あれ私も写り込んでるんじゃなかろうか…。

オン部門の三雲いおりさん。
絞り染めの着物とほっかむり。村に伝わる伝統芸能、というスタイルらしい。水晶球ではなくなめくじ?御神木から作ったシガーボックスとか。村に生えているゴムの木から作った風船は無理があるのではw一輪車に乗りつつ、次のパフォーマーの準備運動を眺めて、準備からすげーなー!と感想を言ってみたり。お客さんに求める手拍子が高度。しかしバッチリついていく静岡のお客さんたち凄いよ!一体感あって楽しいよねぇ。23年も同じことやってると言っていたけど、何百回見ても笑えるって凄いことだよ!

過去のチャンピオンのアナスタシーニブラザーズ。
寝転がった兄の足の上でぐるんぐるん回る弟。雑技団で見る足技ね。スピードも凄いし技も凄い。一回転してから片足の上に立つってどういうこと!?どうなってるの!?凄まじいスピードで回ってるのを見ていると、本当に人間かどうか不安になってくるよ。最初から最後まで、どよめきと歓声で埋め尽くされたパフォーマンスだった。

ナイトパフォーマンスの静活前。フリンジ部門のさくら組。
夫婦でアクロバットとジャグリングのパフォーマンス。口に加えた棒でサッカーボールをバランス取るのはわかるんだけど、お互いに投げ渡したりするのが凄すぎる。倒立技が半端ないな!積み木の上で倒立して積木崩壊からの着地が凄い。前日に顔面から落下したという話が怖すぎるよ!

フリンジ部門の渡辺あきらさん。
音が鳴るはずの新作の箱はなんと電池切れで生音wハプニング!昼間とは違うざわめきの無い夜だからこそ、ボールが板に跳ねる小さな音も聞こえて素晴らしいショーになった。そしてナイトだけの特別バージョンということで、虹色に光るクラブでパフォーマンス!音楽に合わせて色が変わるのも凄い。高速回転するクラブがどんどん色を変えていくのは幻想的だったなぁ。最後の決めポーズで赤になるのはさすが。あきらさんはやっぱり赤が似合うよね。

フリンジ部門のidio2とDaggle KOMEIさんのコラボ。
ディアボロをロープの上を転がしてハットでキャッチしよう!と頑張る3人。柵の上に立ったHi2さん、地上でロープを持ってハットを構えるこ〜すけさん、ディアボロを回してロープに乗せるKOMEIさん。どうにも上手くいかなくて、ディアボロ係をこ〜すけさんに託すKOMEIさん。ロープが高くて乗せられない!とアワアワするこ〜すけさんに、短く持てばいいんだ!と柵の上から伝授するHi2さん。アニメーションダンスを披露するHi2さんとKOMEIさん、カクカク踊るこ〜すけさん。カップ技を次々にやるこ〜すけさん、カップとボールを使うKOMEIさん、2つカップに必死に挑戦するHi2さん。技が成功してHi2さんに目の前でサムアップされた!最後はidio2のハットとKOMEIさんのボールでコラボ。そしてKOMEIさんを挟んでidio2のハット。
とにかく3人とも楽しそうで、ずっとエェ!?とか言いつつ笑いながらやっていた。idio2の曲で一緒に踊るKOMEIさん貴重だわ。KOMEIさんも表情豊かにショーをやっている気がしたけど、idio2の2人に挟まれると違い明白。表情くるくる変わりすぎ!凄いね!こ〜すけさん結構顔芸よね。Hi2さんのハァ!?が好き。コラボだから、珍しい物がたくさん見られたよ。6つカップ成功させるこ〜すけさんとか、アニメーションダンスとパントマイム連発するHi2さんはidio2では見られないよね。ソロパフォーマンスではやってるのかな。

今日は大幅にスケジュールが狂ったものの、見たい人たちを見られたし良いことあったので良しとする。
他の人たちのパフォーマンスを見るパフォーマーを何人か見かけた。望月さんのときは投げ銭する目黒くんを見かけたし、三雲さんを見終わったらウィッティールックとすれ違ってCheekyさんに微笑まれたし、アナスタシーニブラザーズの投げ銭タイムでは空転起動のJINさんがキラキラした目と笑顔で投げ銭して握手を求める姿を見かけた。そりゃみんな見るのも好きだよねぇ。ほっこりする。
毎日idio2になってきた。静岡はお客さんが多いから、グリーディング激しい人たちのパフォーマンスを見るのが楽しいんだよね。明日もコラボナイトやるので見に行くぞ。

拍手する

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">