1.G.K PRESENTS “Belief” 京都編

@KYOTO MUSE 17:30

1.G.Kのアルバム発売イベント…なんだけど、異ジャンルの出演者たちが大集合!主にギア出演中のパフォーマーが多数出演ということで、オールスタンディングのバンギャ御用達MUSEへ潜入。

・WAO!!&酒田しんご
白黒ストライプのジャケットにパステルピンクのベルトが可愛らしいWAO!!さん登場。赤鼻と白い仮面付き。
舞台上に置かれたドラムセットに興味津々。座ってスティックを握って…無理無理無理無理〜〜〜!
ラッパを吹いて手拍子を煽ったり歓声を煽ったり。笑い声とともに客席のテンションも上がっていく。
もう一度ドラムセットの前に座ったWAO!!さん、華麗にドラムを叩き始めた!この日のために練習したというレベルじゃない、元々やってたでしょ!?というくらいの技術…に素人目には見える。実際どっちなんだ!?
ギアやその他で彼を知っているであろうファンたちがめちゃくちゃどよめいていたので、みんな知らなかったんだろう。いやはや、超絶カッコ良かった!出来れば素顔でのドラムソロも見たい!
トランクの中からオレンジのボールを3個取り出し、リズムに合わせて揺れるWAO!!さん。今度はジャグリング!?と思ったら、ベストとハーフパンツ姿の酒田さんがコミカルに跳ねながら登場。ボールを奪ってジャグリング。少しやると帰っていく、の繰り返し。なかなか酒田さんを紹介できないWAO!!さんが地団駄を踏んでいると、パンを食べながらやってきた。もぐもぐしながらジャグリング。ついにはボールを投げ捨てて体育座りでパンを食べ始める。
時間がないアピールをするWAO!!さん。パンを袋に戻して、ほうきで掃除。ハットを取られて追い回すWAO!!さん。髪サラッサラだわ…!ほうきの取り合いから、酒田さんのデビルスティック!
ジャケットに着替えてきた酒田さんのボールジャグリング、3個から5個へ、そして7個へ。ジャケットを脱ぐ酒田さんに、もう1枚!と煽るWAO!!さん。サスペンダーを外す酒田さんを止めるw
照明がチカチカする!という酒田さんの苦情に、これ止めてー!と叫ぶWAO!!さん。見事に回った7個ボールをトランクに収めて、手を振りながら帰っていく2人。

・colspan&MAI+MISAKI+YABU
ゆったりした音楽のバンド、そして今回が初だという女性ダンサー3人とのコラボ。
客席から、先生〜!という掛け声が飛んでいたので、ダンス講師の人もいたんだろう。ロックダンスというのだろうか、スピーディでカッコイイ。
最後の決めポーズ、後ろのバンドメンバーも一緒に手を挙げてポーズ決めてたのには笑ってしまった。最初の曲の感じで、そういうのやりそうにない見た目の和やかな雰囲気だったしー!

・橋本昌也
黒Tシャツに黒パンツに黒革ジャンにインカム。か、カッコイイ…!青のキャラじゃなくてもドヤ顔はやるのね。素敵ね。
空っぽのバケツに色の付いた水を何杯も入れていく。コップをバケツに入れて取り出すと…元の色が出てきた!最後にやっぱり空っぽのバケツを見せる。どうなってるの…!?
ロープを使ったマジック。結び目の移動も凄いんだけど、自分の胴体を貫通させるアレ、アレが凄すぎた。どよめきというより悲鳴が上がっていたよね。
そしてお客さんに選んでもらう靴下占い。一度裏切ってからの見事な逆転劇。
メンタリズムとか○×△ダイブ(モニャモニャ言ってギアを知っている観客爆笑w)とかの心理誘導系のマジック。連想ゲームの要領で進んでいく。
そして最後はカードマジック。お客さんが選んだカードの絵を描いていく。これもまた見事な逆転劇。間違いなく絵だった…あれは凄い…。
最後にパントマイム公演の告知をして終了。パントマイム?

・1.G.K&渡辺あきら
正装のあきらさん、ハットと白手袋と赤いステッキでバランス技からのジャグリング。この時点で歓声がスゴい。今日は調子いい!楽しい!とあきらさんもニコニコ。
4つのクリスタルでコンタクトジャグリング。滑らかすぎる動きにざわつく客席。歓声ともため息ともつかない声が聞こえる瞬間も。美しい…。
赤のデカいボール3つでお客さんに協力してもらってジャグリング。酒田しんごが7つやってたので、こっちは大きいやつ用意しました!
得意なやつやります!と、シガーボックス。ひと技ごとに歓声や拍手が沸き起こり、あきらさんもとても楽しそう。とにかく盛り上がり方が凄まじい。大道芸でも歓声は起きるけど、ライブハウスのノリでヒューヒュー叫んでる感じは初体験かもしれない。
そしてこの日のために作ってきたという9個のシガーボックスで表面「寿」と裏面「1.G.KボーカルKATSUさんの写真」をバランス。これは…!スゴい!!!
最後は1.G.Kの生演奏で光るクラブ!オレ楽器持ってないからソワソワする!というKATSUさんに、立ってるだけで絵になるからじっとしてて、と諭すあきらさん。
ルパン三世のテーマのバンドバージョンだ。技に合わせて光る色が変わっていくのが超オシャレ!回転してキャッチの瞬間に変わるの素晴らしいよ。めちゃくちゃカッコイイ!
片隅に立っていたKATSUさんを引っ張り出して真ん中に立たせ、酒田さんと向かい合わせで6本クラブパッシング。思い掛けないコラボに、客席も叫びっぱなし。
あきらさんはいつでもスタイリッシュでカッコイイんだけど、このステージとコラボと客層は今までにない空間だったなぁ。今まで見た中で一番カッコ良かった。

・Body Carnival&Alphact
ブレイクダンス集団、アクロバティックでカッコイイ…んだけど、重低音が内臓に響いて気持ち悪くなってきてそれどころじゃなかった…。立ってたらたぶん大丈夫なんだけど、前方みんな座って見てたからねぇ。
白尽くめでちょっとコントテイストなAlphactは少し落ち着いて見られた。まだギアでKATSUさん見てないから、片鱗を見られて良かった。黄バージョンも見てみたい。

・MIME+
目隠し男を見るために新幹線の時間を変えましたよ。ええ。変えて良かった。
首に赤いロープを巻いた谷さん登場。フラフラとステージ真ん中へ。背後から同じく首に赤いロープを巻いた岡村さん登場。ゆったりと歩きつつ谷さんにロープを巻き付けて絡まっていく2人。舞台に転がり、巻物を谷さんに手渡す岡村さん。谷さんが広げると…「すた~と」。
赤いロープをアッサリ解いて衝立の後ろへ行く岡村さん。なかなか解けなくてジタバタする谷さんを冷たい目…目は見えてないけどそんな雰囲気でジッと見つめる。
羽ばたく本、見えない壁、風に煽られる傘、そしてカバンとハットの騙し合い。
谷さんから巻物を渡された岡村さんが広げると…「おしまい」。
パフォーマンスは短めの大道芸仕様で音楽も岡村さんの調整だったんだけど、とにかくスピーカーが桁違いな上に照明が色とりどりで見たことのないMIME+の世界だった。珍しいものを見られた。外だとリアル風に煽られてよくわからないことになりがちなので、こういう緻密なマイムは舞台で見る方が惚れ惚れする度合いが高いよ。傘のときの岡村さんの横方向へのなめらかな移動がとても良い。美しい。
一気に静かで落ち着いたトーンになったけど、客席からどよめきやらざわめきが聞こえてきてた。2人のマイムは美しいよねぇ。正確に同じ空間を表現する背中合わせの壁マイムが大好きなんだ。そして初見の人はあの長身の目隠し男がオープニングのドタバタクラウンと同一人物だと気付くのだろうか。同じトランク使ってるんだけどね。

・壱劇屋
無人島に漂流した男とJKと魚肉ソーセージ。近くに居た少年たちが、ど下ネタやん!!!と大爆笑していたwコアなファンが多いようで、タイトルだけで大爆笑したり叫んだり、なんだかスゴい。
島シリーズ?次はケチャ。怪鳥を手懐けたい裸族の男。見た目と動きと眼力で、客席のざわめきが収まらないw総勢何人だったんだ?10人以上にはなっていた。異空間!
大熊さんまだギアで赤ロボ見てないんだけど、先にこれを見てしまった…。もし見る機会があったら思い出してニヤニヤしそうだ!

ここで時間切れになったので退出。どうやら22時くらいまでやるイベントだったらしい。この工程を決めた時点で日曜日のギアのチケットが無かったから、土曜日のうちに帰ることにしてたんだよ。無理だよ。
普段見ない空間で珍しい組み合わせのパフォーマンスを見られて、めちゃくちゃ楽しかった!ギアのキャラクターでしか見たこと無い人の通常スタイルが見られたのは収穫だ。
最前列に檻のような柵があって、橋本さんのマジックから前方を座らせてたので、視界の半分以上が柵だった。オープニングのWAO!!さんを堪能できたので一応満足なんだけど。柵で隠れたところは想像力でカバーという高度な見方になってしまったのはもったいなかったなぁ。渋谷はどうなんだろう。会場に入ってから確保場所を考えよう…。

拍手する

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">