ヨコハマ大道芸

@みなとみらい 11:30〜17:00

2日目。両日晴れたのはありがたいね。今日は移動しまくる!

idio2。ポイントには小さな舞台が設置されている。2人のパフォーマンスを考えると明らかに狭くない?と思ったけど、舞台の前方にもスペースを取った。なんと舞台を登り降りしつつお互い上下でやり取りしたり、舞台上でやったり、降りてやったり。狭い空間でも縦横無尽。
ディアボロを高く上げてお客さんを呼び込む。取れなくて舞台にぶつかったりもしつつ、綺麗にハットでキャッチ。
グレイテストショーマンの曲でけん玉。こ~すけさんがメイン、高音はHi2さんwけん玉ガッツリやってるのは久しぶりに見たのだけど、Hi2さんの技術が明らかに上がっている!凄いなー。デビルスティックもだし、出来ることがどんどん増えていくのをリアルタイムで見られるのは感動するわ。
舞台を降りてマイム、登ってマジックとカップとデビルスティック、降りてバルーンの矢、登り降りしつつのハット。2人の立ち位置が目まぐるしく変わっていくからいつもの大道芸ともちょっと違っていて面白い。初心者マークの応酬が好きなんだ。こ~すけさんは覚悟を決めて待つスタイル、Hi2さんは自ら掛けに行くスタイル。
客上げしようとした子に断られw募集したら無事に手が挙がる。やりたいことをサッと飲み込んでやってくれる男の子、2人ともめちゃくちゃ嬉しそうに踊ってて、見てるこっちも嬉しい。楽しかったなー!

空転軌道。今回限定、稲葉悠介さんというシガーボックスのジャグラーが加入。小林さん、葵さん、稲葉さんという編成。
ウォーミングアップで葵さんのディアボロハイトス、稲葉さんのシガーボックス1回転キャッチ3連続。構成は静岡と同じだろうか。リング、シガーボックス、ディアボロ、ベル、ハンドベルリング。
大量のリングが飛び交う光景は圧巻だし、小林さんのリングからの稲葉さんとのコンビ技はスピード感凄まじいし、それぞれのソロはカッコイイし、ハンドベルの音色は美しい。大道芸は凄いとか面白いとかを求めて見に来てるけど、空転軌道は圧倒されに来てる感じ。凄すぎる。
小林さんのリング垂直回転両手バージョン、いつものことではあるんだけどいつ見ても凄すぎる。3本投げて1本は稲葉さん、2本を小林さんがキャッチする凄まじさ。なんだあれカッコイイ…!
稲葉さんのシガーボックスはパワフルでマニアックだな。どう投げてどうキャッチしてるのかよくわからないけど、なんだか凄い。仁さんとはまた違った凄さ。終わった後の拍手を煽る感じが黄ロボに見えるw
葵さんのディアボロは美しいよね…。他の2人がディアボロを投げ入れながら葵さんの周りを歩き回るシーンが大好き。静岡以来に見たから黒衣装のスタイリッシュさに改めてビビる。稲葉さんのシガーボックス並べるときにドミノでちょっとコメディやってたの微笑ましい。表情が良いなー。
吹き抜けの建物の中のポイントだったので、ベルの音がとても綺麗に響いていた。こういうのも考えてポイント決められてるのかな?通りかかった人が足を止めて、凄い!と楽しんでたのも印象的。

ジャグリングの現在。目黒さん、愛実さん、八幡さん、高橋さん、イーガルさん。うつしおみ+イーガルさん+若手ジャグラーって感じ。
目黒さんいわく、今回のテーマは風との闘い。ハットは風を受けやすい構造、クラブはたくさん投げるとクラブ同士がぶつかる。でも大丈夫ですよね?と若手たちに確認w
イーガルさんはこのために書き下ろした曲が2曲。まさひろという高橋さん用の曲も新たに作ったらしい。
目黒さんのコンタクト、腕に吸い付いてるんじゃないかと思うくらいの滑らかさ、本当に美しい。動きも目線もとても綺麗なんだよなぁ。前腕の周りを一周するボール、一体どうなってるんだ…。
3人が出てきて、少しずつ技を披露しながら静かにボールやハットを並べていく。八幡さんのハット。ほとんど投げることなく、3個を転がしたり被ったりの連続。イーガルさんのドラマチックな演奏にピッタリの大きな動きが素晴らしかった。
目黒さんと愛実さんのボールとアクロバット。愛実さんの柔軟性を最大限に活かした踊るような投げ技が美しい。目黒さんの膝から肩に乗って高い位置でボールをキャッチする技が凄すぎる。一度失敗して、2人で笑ってからやり直してたのも微笑ましい。
愛実さんがクラブを2本持って踊る。新体操だ!楽しそうな笑顔が素敵。高橋さんのクラブ。3本から7本まで増えていく…!恐ろしく正確な技術で、もはや見たことのない技しかやっていない。ポロッと落とすと煽るような曲調に変化するイーガルさんの演奏。
7クラブ5アップピルエットという超難易度の技にも挑戦。事前に目黒さんが1回で成功するような技じゃないし、僕らは見届けるので先に帰りたい人はどうぞ、と言うくらいの技。なんと2回目で成功!しかもめちゃくちゃ綺麗に決まった!!!大喜びで駆け寄るメンバー、やり切った顔で迎える高橋さん。

シルクブラン。最終回を見届ける。
回数を重ねてきたからか、なんだかメンバー同士の小競り合いが増えているような。登場早々、界さんがシルホイールにぶら下がりつつサクノキさんの背中を足蹴にしているw
ホワイトアスパラガスではハチロウさんがセクシーポーズのためにワイシャツのボタンを開けるし。キャッキャする界さん。終わりで顔を見合わせたら近すぎたようで、口を押さえながらセーフってやってたw
サクノキさんが何度も何度もハットを投げて前転キャッチをやっていた。そのパワーが凄すぎるよ。ハットスライディングキャッチに成功した直後、音楽に合わせて指でダンスしてたのが可愛い。サッとこういうのが出来ちゃうところが凄いわ。
森田さん…ピルエット5回転してたよね?回ってたよね?凄すぎるな…。サクノキさんとペアでハットの代わりに頭に載せたボールをヒョイと上げてたのが好きだった。
なんだかずっと魅入ってしまった。広い舞台を走り回る界さん、椅子の上のみで演じるハチロウさん、舞台どころか客席まで突入するサクノキさん、広さも高さも存分に使う森田さん、ゆったりと広さを使う翼さん。それぞれの色は全然違うのに、どこか似てるように感じるのはサーカス学校出身という共通点ゆえだろうか。
界さんのシルホイールが回る低く鈍い音とか、翼さんのディアボロの糸が空を切る鋭い音とか、近くで見ていると音まで迫力満点。生演奏で曲を演技に合わせられるのも素晴らしいな。
エンディングは高足のケンタさんケントさんも登場。曲に合わせて踊る7人が可愛い。ホワイトアスパラガスの紹介時に界さんがハチロウさんの肩に腕を回すと、ヒョイと瞬時に横抱きに。ハチロウさんの腕力、実は凄いのでは…。

ワールドポーターズからみなとみらい駅、横浜駅まで歩いた。移動距離が長すぎるのがヨコハマ大道芸の難点だわ。でもシルクブランとジャグリングの現在という貴重なコラボが見られたし、空転軌道は今回だけのメンバーだし。idio2はいつも見てるけど、舞台がちょっと特殊だったな。どれも楽しかったし頑張った甲斐があった。
現代サーカス、もっと広まって見られる機会が増えてくれたらいいなぁ。シルクブラン、綺麗だったなぁ…。

拍手する

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">