サラリーマン現代サーカス「CLONES」

@COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール 20:00 A列10番

KAMIYAMAさんのソロ作品をサーカスバージョンにリメイク、そして望月ゆうさくさんやミズキシナガワさんも出演。そりゃあ見に行くでしょう!

オープニング映像はチラシやサイトにも載っている、やる気のなさそうなサラリーマンの出勤風景。舞台手前の幕に映し出されるアニメ、舞台奥ではKAMIYAMAさんがマイムで同じように出勤風景を演じている。

電車に乗り込むサラリーマンとOLたち。崩壊する景色。吊り上げられていく1人のOL。
ミズキシナガワさんのエアリアルストラップ。パンツスーツ姿のまま空中で技を決めていく凄まじさ。ジャケットを脱ぎ、大きく身体を振ったり高速回転したり。めちゃくちゃカッコイイ…!

出勤したKAMIYAMAさん。入り口の強固なセキュリティで引っ掛かるwたくさんの薬を飲み、栄養ドリンクを飲み…小爆発。
デスク前のゴミ箱にしおれたひまわりが挿さっているのが奇妙。

大きな輪っかを転がしてきた男性。スマホをいじりつつ転がす。シルホイール。なんと光る。ポイやリングやフープでは見たことのあるLEDで文字を映し出すアレ。まさかシルホイールでやるとは!
ビカビカ光る巨大な輪っかの中でスマホをいじりつつ回転しまくる屈強な男性。…なんかシュールじゃない?これもまたカッコイイ。

KAMIYAMAさんに紙を投げつけるミズキさん。新聞を読みつつ、オフィスチェアを転がしつつ、挑発的なコントーション。ビビるKAMIYAMAさん。

競うように電話を取りまくるサラリーマンたち。
ミズキさんのデスクから落ちた新聞紙を素早く取って返すことが楽しくなってきた様子のゆうさくさん。手を胸の前に揃えて口を開けて犬化。可愛い。

スモーキングエリアでタバコを吸う男性陣。KAMIYAMAさんが入ると、どんどん煙が増えていく。開かないドア。ゆうさくさんが気付いてドアを開けて煙を外に追い出すと…KAMIYAMAさんが消えている。鳴り響く警告音と光る赤いランプ。

舞台上ではチャイニーズポールの準備が進む。オフィスデスクのど真ん中にチャイニーズポールが立っている。そのセットがもう凄いんだけど!?
客席では煙を吹き出しつつKAMIYAMAさんがフラフラと歩いている。名刺をバラ撒く。

ポニーテールの女性のチャイニーズポール。驚異的な柔軟性とパワーが凄い。ポニーテールをクルッと回す演出がカッコイイ。下では男性2人がスマホで写真や動画を撮っているw

紙を次々にKAMIYAMAさんへと投げ付けていくサラリーマンたち。たまにアクロバットを交えたり、ゆうさくさんがちょっとタップを踏んだり。紙に埋もれていくKAMIYAMAさん。
チャイムが鳴り、みんなは揃って10秒チャージのヤツを吸引して去っていく。
取り残されたKAMIYAMAさん、デスク脇からVRゴーグルを見つけて装着。ジェットコースター、海、そしてサバイバルゲームの世界へ。敵を撃ちまくり、刺しまくり、狙撃される。

倒れているKAMIYAMAさんを見つけたサラリーマンたち、スマホで記念撮影。慌てて起き上がり立ち去るKAMIYAMAさんが残したVRを装着するゆうさくさん。
ピンクの照明、ムチを持って女王様風の仮面を着けたミズキさんがやってくる。またしても犬化するゆうさくさん。お尻を叩かれて大喜びwディアボロを咥えて戻ってくると、女王様は他の男と腕を組んで去っていく…。

失意のゆうさくさん、足を踏み鳴らし、生演奏でのタップ&赤く光るディアボロ。
雄叫びを上げ、ディアボロを振ると、背景のオフィス風景が歪み始める。回る背景、回るディアボロ、頭を振り髪を振り乱しながら演じるゆうさくさんがド迫力!青いディアボロと赤いディアボロ、そして3個。最後に雄叫びを上げ、去っていく。

崩壊しつつあるオフィス。
KAMIYAMAさんが叩いているパソコンが火を吹いた。ピンポーン。来客者に名刺を配りまくり、右往左往。
カバンを持ち歩き出す。動かない新聞紙、どこまでも伸びるネクタイ。鳴り響く電話。オフィスの電話だけではなく、スマホも取り始めるKAMIYAMAさん。ズボンのポケットから、そしてジャケットから大量に投げ捨てられるスマホたち。

ついに崩壊したオフィス。
背後では、カラフルに光る壁の上に立っているサラリーマンたちが。3名でウォールトランポリン。途中にある窓に吸い込まれるように入っていく。上空から一気に飛び降りてまた戻ったり。トランポリンでの高速バク転も。
壁の横でコントーションをしつつ新聞紙をバラ撒くミズキさん。ゆうさくさんは地上へと降りてデスクに突っ伏している。

KAMIYAMAさんのデスクに最初から置かれていた古めかしい黒電話。受話器を上げると水がシャワーのように吹き出した!
しおれたひまわりに水を掛けると、徐々に息を吹き返す。ひまわりの鉢を抱え、スマホを投げ捨てて去っていく。

元はKAMIYAMAさんのソロ作品だった内容を、サーカスバージョンへと作り直した作品らしい。元を見たことがないけど、どこか自虐的でちょっとメルヘンなKAMIYAMAさんのマイムとマジックの大道芸が好きだったことを思い出す。
ゆうさくさんのディアボロとタップとプロジェクションマッピングの融合、何度見てもカッコイイ。何故か涙が出て来るんだよね。犬化した姿が可愛かった…。ピッと背筋を伸ばして大股で歩く姿がカッコ良くて好きなんだけど、犬化すると肩と背中が丸まって別人のようだwミズキさんの女王様とのやり取りが素敵。品川のSと望月のMか…。
1回だけしか見るチャンスが無かったのが残念。今日はキューブのパフォーマーが体調不良で欠席だったので、演出が変わっていたようだ。どこに差し込まれる予定だったのかなぁ。フルバージョンも見てみたかったな。大阪だけじゃなく他の場所でもやってくれないだろうか。

0

コメントを残す

*