モリコロパーク大道芸フェスティバル

@愛・地球博記念公園モリコロパーク 10:00~16:30

春予定だったモリ芸が9月に延期。無事に開催されて本当に良かった!

ウッドデッキで大道芸人すごろくさんから。Twitterで流れてきたダイススタッキングの動画を見て、いつか生で見たいと思っていた方。
テーブルの上のサイコロと筒。使う道具はこれだけ。ダイススタッキングやる人は多いし、かなり小さな土台に載せることが出来るパフォーマーも結構いる。
でもすごろくさんの技はそんなレベルを遥かに超える凄技の数々。両手で交互に投げ入れていったりマトリョーシカのようだったり。初めて見る技だらけでずっと凝視していた。密回避のために離れて見ているのがもったいない!もっと近くで妙技を見たかった。
あとでプロフィールを見て、始めて4年しか経っていないことに驚き。これからもっとパワーアップしていくんだろうか。見てみたいなぁ。

次はリューセーさん。自粛期間中の動画は髭だし和装だしサムライのようだったけど、髭は無くなって髪は伸びて可愛らしい今までのスタイルに戻っていた。
けん玉の技が意味わからんレベルで凄いのは初めて見たときからずっと変わらずレベルアップし続けてるんだけど、今回は回転が多かった気がするなぁ。ラストは24連。あと1個で成功だった〜!惜しい!

TOMMYさんは新衣装。チャンピオン輝いてる〜!
Reiさんに持ってきてもらった新ヨーヨーでパフォーマンス。それを見て笑いながら去っていくReiさん。仲良しチャンピオンコンビ楽しい。
新衣装に合わせてマスクもデザインしてもらったようで、マスクのままパフォーマンス。つらーい!と叫んでいたwあの運動量でマスクはねぇ。
客席に飛ばしてお客さんを驚かせる長いヨーヨーも、ソーシャルディスタンスの中では届かない。そうか、いつもアレが届いてビビる距離で見ていたのか…。

clownレオさん。傘が全体的にスケスケになっている。小さな傘で投げ技が多くなったような。オンライン公演でも披露していた三角のジャンプ技も。跳びながら傘回しとかとんでもないな!自撮りパフォーマンスも楽しい。技を失敗すると転がりつつもカッコ付けてポーズ取るのも良いなぁ。
マスクがツラいようで、途中でマウスシールドに変更していた。が、それを忘れていたのか、水を飲もうとペットボトルを傾けて浴びていたw
2回目に見たときは5連傘の組み立てを目の前で見られた。あんな感じで分解されていたのか。タイマンバトル直前だからか、普段のルーチンを逆からやります!と5連から。珍しいものを見たな。

こ〜すけさん。昨年のモリ芸タイマンバトルで優勝したことをしきりにアピール。チャンピオンベルトをスリスリ。ラストのバランスデビルスティックのときに巻いていたけど、細すぎてちゃんと巻けてないw
けん玉も凄いけどシェーカーカップね!5個投げてキャッチ、自粛期間中に出来るようになったと披露したら、2回目の挑戦で見事に成功。自分でも驚いていた。カッコイイなー!

Hi2さん。ソロのときに着るロングジャケットが時計モチーフのイラストが入っていてカッコイイんだよな。
マジックとダンスとクリスタル。喋ると面白いんだけど、パフォーマンスはやっぱりカッコイイなー。スタイリッシュ。
ラストのフォークで客上げしないバージョンは初めて見た。次々に曲げて形作るショーをじっくり見るのも良いな。でもやっぱり照れながらのカップルや夫婦の客上げバージョンはドラマがあるよね。

タイマン大道芸バトル。スタチューたちがオブジェのように座っている。
自分の持ち芸を3分に合わせて披露する人、タイマンのために新技を作ってくる人、相手に合わせた技を作ってくる人、やり方は様々w
ヒョウガくんがサンキューさん、健山さんがTOMMYさんのパフォーマンスを再現してるの笑ったなー!負けちゃったけど。
Reiさんがたった3分にフルパフォーマンスみたいな技を詰め込みまくって大盛り上がりしてたの本当に凄い!カッコイイ!
レオさんは女装バージョンのレオ子だ〜!やっと生で見られたよ。嬉しい。負けちゃったの残念だなぁ。女装のときは徹底して女子の動きなのさすが。プロのナルシストは違うな。
リューセーさん、去年に引き続きけん玉の剣が落下して分離していたwデジャヴ!また逆立ちで繋ぐ。今回は大皿小皿の部分の無い棒を使ってパフォーマンスを続行。その健闘っぷりが凄すぎる。トラブルに対応する能力が上がってるよなぁ。相手が昨年チャンピオンのこ〜すけさんだったのがツラい。1回戦敗退は悔しいなー!
こ〜すけさんはチャンピオン押しw谷村新司だ!歌詞に合わせたパフォーマンスが面白すぎる!次は何をやるんだろう?という期待からの勝利だろうか。

明日は今日見られなかった人を見に行く。とはいえ、レオさんは制覇するつもりだけど。フェスになかなか出ない人だから、見られるときに見に行かねば。

1+

コメントを残す

*