東京シュール5 田所仁とお正月

@新宿シアターサンモール 18:00 C9

ぞろぞろと登場する8人。無理やり連れてこられた、という設定らしい。
そこへシチサン分けでスーツ姿の田所さんが登場。ざわ…ざわ…という効果音を自分で言っている。ん?カイジ?
私は利根川だ、と名乗る。やっぱりカイジだ!
何その髪型?とかスーツが大きいとか散々言われてしまう。

今回のライブのギャラ1万円を賭けて、ゲームをしてもらう。
各人の手持ちギャラを千円1枚のコインとしてカウントし、ホワイトボードに銀のマグネットを貼り付けて随時状況を確認。最初は全員の名前の横に10個のマグネットが貼られている。
アシスタントは遠藤逸人さん。ゲームに負けて右腕を失い、カスタマイズされてしまった。

【7ゲーム】
1から6までの6枚のカードが各人の手持ち
2人で1枚ずつ出し合って数が多い方が勝ち
出したカードの合計が7になった場合は数が少ない方が勝ち
出したカードは捨てなければならず、同じ数字は使えない
対戦相手は指名できるが、断ってもOK
必ず1回は対戦しなければならい
お互いの情報交換は可能だが、各人が出したカードは自分と対戦相手にしかわからない
勝ち負けだけは平等な情報として与えられる
勝者は敗者からコインを2枚奪い取れる

利根川、説明しているとき机に腕を置こうとしてスカるという失態。池谷さんと村上さんに目撃され、笑いものにw
客席にだけ見えるように、ホワイトボードに各人の手持ちの数字が書かれている。
中盤で情報もコインも無くなった関町さん。カリカ林さんに騙されっぱなしw
かたつむり林さん、情報をください!とキョロキョロ。僕の情報いりませんか?といろんな人に声をかけるも、いらない、と断られてしまうwしかし結局村上さんに拾われた模様。
コンビを組んで情報収集する池谷さんと池田さん。
関町さんを騙して情報を集め、更に先を読み、カリカ林さん圧勝。さすがギャンブラー。他の対戦相手にも、上手いとか凄いとか言われるほど。

コインの状況は、関町さんが残り2枚、カリカ林さんがダントツ。かたつむり林さんも地味に多い。あとは横並びな感じ。
こんなに差が出るとは思わなかった、やってくれたな関町!と憤る利根川。

【裏切り者は誰だ】
かなりの難問が出題され、○か×かを答える
4人がプレイヤー、4人が最初から答えを知っているスパイ
後ろ手に全員が紙を渡され、正解が書いてあったらスパイ役
問題に正解すればプレイヤーの勝ち、不正解ならスパイの勝ち
最終的な答えを8人で話し合って決め、スケッチブックに書いて発表
勝ちチームは負けチームからコインを1枚奪い取れる
問題は『世界で初めてエベレスト登頂を生中継したのは日本テレビである』

お互いに誰がスパイかわからない状況で、不正解に誘導するスパイと正解を導き出さなければならないプレイヤー。
誰がどの役割なのかは、お客さんもわからない。お客さんも楽しんでください、と急にキャラが変わる利根川。
妙に説得力のあるカリカ林さんや村上さんの意見、関町さんが何か言うと途端にうそ臭い感じがしたり、舞台上も客席も騒然。
押見さんが「多数決をやってみんなが出してない方が正解だ」と気付いて実際にやってみるが、関町さん以外が×を出す。しかしかたつむり林さんが「実は○の方が正解だと思う」と言ったり、全員がパニックに。
最終的に出した答えは×。最後まで反対し続ける押見さんだが、時間切れで×になってしまう。
正解は○。
スパイはカリカ林さん、かたつむり林さん、池谷さん、村上さん。
家城さんがスパイだと疑っていた3人ともプレイヤーだったという結果になったようで、更にパニックを起こす。
押見さんは凄く合理的な意見を出していたのに、イマイチ信用されてないw家城さんのパニックに引きずられた感じだな。
かたつむり林さんがスパイ側だとは思わなかった。あの演技力と引き際は凄い。そして関町さんはただただ素直だった…。

コインの状況は、関町さんが残り1枚。プレイヤー4人が1枚ずつ失い、スパイ4人が1枚ずつ手に入れた。ここでも強いダブル林。

次のゲームにいく前に、信頼できる人とペアを組め、と利根川。
池谷さんと池田さんは7ゲーム以降、続けてペアに。
かたつむり林さんが村上さんに駆け寄り、ここも続けてペアに。
林さんが関町さんの隣に並んで肩を組み、強制的にペアに。悪い顔の林さんと、横向けない!と怖がる関町さん。
余った家城さんと押見さんも自然とペアに。嫌がる家城さんに、押見さんは「僕さっきも正しいこと言ってたでしょう!」と必死で説得。

【花とナイフ】
右手にナイフ、左手に花を持ち、ペアを組んだ2人が目を閉じて向かい合う
お互いが花を出せば2人とも決勝に行け、手持ちのコインはそのまま繰り越し
どちらかがナイフで刺されたら、刺した方は刺された方のコインをすべて奪って決勝に行ける
両方が刺されたら、お互いのコインは没収され、決勝に行ったメンバーに均等分配される
事前にコインを相手に渡すという賄賂が可能
しかしコインだけ貰って相手を刺すという裏切り行為も容認されている

ルールを聞いた途端、悪い顔をする関町さんと発狂するカリカ林さん。賄賂で懐柔することもできるからな、と念を押す利根川。
まずは一番平和そうな池谷&池田チームから。
池谷さんの方が2枚多くコインを持っていたため、1枚あげる、とサラリと言い放つ。客席から挙がる感嘆の声。
お互いが花を出し、無事に決勝進出。
次は村上&かたつむり林チーム。
コインあげましょうか?と提案する林さんに、いらない、と断る村上さん。じゃあください、と言われ、ナイフを振りかざす村上さんw冗談ですよー!と、コイン譲渡なしで開始。
ここもお互いが花を出し、決勝進出。色々考えた!と2人とも緊張感がハンパじゃなかった模様。そして抱き合って祝福。
そして家城&押見チーム。
非常に疑心暗鬼になっている家城さん。自分を刺すことは可能ですか!?と自害を提案して却下されるwコインをあげても刺したら取り返せるというルールから、ますます疑いが深まってしまう。結局コイン譲渡なしで開始。
無事にお互いが花を出し、決勝進出。緊張したー!と崩れ落ちる2人。
ラストはカリカ林&関町チーム。
林さんが関町さんにコインを渡すものの、やっぱりお互いを信用しきれていない雰囲気。怖い怖いと叫び始める林さん。
お互いがナイフを出した!舞台と客席から挙がる悲鳴。倒れこむ2人。
ここは林さんが刺す感じだっただろう!と舞台から野次が飛ぶ。しかし関町さん、最初のゲームで散々やられたため、ただ刺したかっただけらしい。

カリカ林さんと関町さんは舞台裏に連れて行かれ、2人のコインは没収されて他の6人に3枚ずつ分配された。
撤収している間、まさかこんな人数が残るとは思わなかった、と呟く利根川。おまえが思ってるような人間ばかりじゃないからな!と押見さん。

【コマ投げ】
コマを舞台端の箱に入れた人が残り、入らなかったら脱落
最後の1人になるまでサドンデス
1から10の数字が書かれたパネルが床に置かれ、手持ちのコインで距離を買うことができる
残ったコインが今日のギャラとなる

カリカ林さんと関町さんが帰ってきた。上半身裸で、胸には「ノーギャラ」と書かれている。
今まで心理戦だったが今回は単純だ、と利根川。
しかし自分の手持ちコインと運動神経を考えてギャラであるコインを出さなければならないし、充分な心理戦。
普通のボールならコントロールできるだろうけど、コマは難しいはず。
最後は家城さんとかたつむり林さんの一騎打ちで、家城さんの優勝!

【利根川とじゃんけん】
優勝者は今まで没収したコインすべてを賭けてじゃんけん勝負
パーで勝てば全額獲得
グーで勝てば半額獲得
チョキで勝てば3分の1獲得
負けたらギャラ没収

残り千円なので、家城さんは失っても惜しくないはず。利根川は自分がパーを出せば勝てるとプレッシャーをかけ続ける。
揺さぶられる家城さん。見守るノーギャラの人たち。
家城さん→パー
利根川→グー
崩れ落ちる利根川。ここまで揺さぶれば素直にチョキを出すと思った、と悔しがる。ギャラは全額家城さんのものになり、他のメンバーにも分配する!と宣言。

長文書いた!頑張った!どっか間違ってるかも。衝撃が強すぎてうろ覚えですよ。
しかし手に汗握るお笑いライブって何よ!?
去年の田所さんプロデュース公演のときはシュール5を知らなかったので見てないけど、人様のブログでレポを見た。文章だけでも恐怖が伝わってくるくらい秀逸だった。
今回のも伝説に残るくらいのライブだったんじゃないかな。どこまで展開を読んで組み立ててるんだろうか。田所さんの頭の中はどうなってるんだ。
前半2つのゲームで関町さんを極限まで追い込んだのは、予想してたのか、偶然なのか。次の花とナイフのルールを読んで客席から悲鳴が挙がってたし。
そしてまるですべてを事前にリハーサルしたかのような、綺麗なオチだった。家城さんがパーを出すと予想してわざと負けたという可能性も…。考え始めるとキリが無い!
客席から悲鳴と感嘆、「えげつない」「怖い」という声が挙がり続けていたのが印象的。
どれかのゲーム説明をしているときに、これを思いついたときはヤッター!と思った、という発言をしていたんだけど、どれだったかなぁ。最初の7ゲームだったような気がするけど、中盤だった気もする。花とナイフかな?
いやはや、畏怖と笑いを体感した2時間半でございました。また来年のお正月に騙し合いをして欲しいものだ。家城さんは嫌そうだけどw

拍手する

2 Responses to “東京シュール5 田所仁とお正月”

  1. くみ

    私も見てきました!いつもブログ拝見してましたが、今回思わずコメ。
    素晴らしいレポありがとうございました。
    本当に田所さんはえげつない(笑)だから目が離せませんよね。
    ちなみに考え付いてうれしかったのは裏切り者は誰だ?ゲームです。○と×の。
    本公演も楽しみですね。ではまたレポ楽しみにしています。失礼しました。

  2. ナオミ

    こんな長文を読んでいただいてありがとうございます!
    田所さん、えげつないですねぇ。今日の∞ラジオでもシュール5についてちょっと話していたので、あとでレポまとめます。
    ○×でヤッター!でしたか。両方違ったw教えていただいてありがとうございます♪
    本ネタ公演のチケットが果たして入手できるのか?という疑問も残りますが…行けたらまたレポします!

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">