御茶漬け

@ヨシモト∞ホール 14:00

二杯目。会場は8割くらい埋まっていただろうか。男性客が、女の子ばっかりじゃん…とつぶやいていたのが聞こえた。うん、若い子が非常に多い。

KinKi Kidsの「愛されるより愛したい」を歌いながら御茶ノ水男子登場。佐藤さん=剛、椎橋さん=光一。歌詞はうろ覚えなようだけど、2人で手を合わせて回るところでは歓声と拍手が。
単独Tシャツを着ているが、2人ともピチピチ。佐藤さんは1年前とくらべてずいぶん太ったようで、お腹を出して肉を掴んでいた。1年前は腹筋6つに割れてたのに、と嘆いている。

実家に帰った佐藤さん、迎えてくれた母が単独Tシャツを着ていてガックリ。単独の映像に協力してくれた佐藤父母を撮影終了後に見かけた椎橋さん、仲良さそうな姿を写メに撮って佐藤さんに送りつける。佐藤家は仲良し。
椎橋さんは5人兄弟の末っ子で、長男は40歳。姉の子が中学生で、周りは御茶ノ水男子を知っているらしい。BLとかやってていいのかな…と悩む2人。しかしお客さんからの需要は多い。最近くっつくと嫌がるんですよ!と憤慨する佐藤さん。

単独の打ち合わせ中はピリピリしていたこともあり、至近距離でケンカになったことも。あのときはごめん、と素直に謝る佐藤さん。
終わった直後にまた単独をやりたいと思った椎橋さん、力尽きてもうやりたくないと思った佐藤さん。こんなのを忙しい中やってる先輩方は凄いと言う2人。
佐藤さんのガガ様映像で単独予算の半分を使い果たした。快く登場してくれた佐藤さんの家族は、一見怖そうな父の方がやる気満々だった。母は恥ずかしがっていたものの、可愛いと後輩たちに大人気。
羽田空港での撮影は、終わった直後に警備員が近付いてきて、みんな散り散りに逃げた。撮影していたカメラマンはフィルムを抜いて違う人に渡していた。素晴らしい連携。
椎橋さんの映像企画の空知先生は、お互いのコネを使いまくって担当編集者まではたどり着いたらしい。しかし先生には会えず。次こそは!と意気込む椎橋さん。
単独直後、楽屋に来た母と佐藤さんで号泣。感動のシーンだが、母はとんでもない枚数のナマーシャを差し出してサインを書くように言う。御茶ノ水男子を全部買ったらしい。椎橋さんは次の仕事があったため、急いで着替えてタクシーへ。温度差。
当日に使用した大道具小道具はすべてマラソンマンの作品。BLコントに使った手もガガ様の衣装もすべて。スタッフロールには、マラソンマン工房と掲載。

単独で流した映像を1本だけ見る。先程から話題に出していたガガ様。
単独に来ていない人が半分くらいいたので、ガガ様に扮した佐藤さんが映った瞬間、大爆笑!映像の中でこれが一番好きだったので、また見られて嬉しい。佐藤さん、ロングヘアーひろたさん、フレミング宮本さんは女性役でビキニ。ライパッチ小林さん、ファンクドッグ大江さんは男性役でボクサーパンツ。
レディ・パパとレディ・ママが出てきた瞬間、舞台端で見ていた佐藤さんが顔を覆って笑い出した。椎橋さんもニヤニヤしている。
次回の御茶漬けではオープニング映像を流したいとのこと。こちらも完成度が高かったので楽しみ。

御茶ノ水男子にご意見ご質問のコーナー。アンケート用紙を紙飛行機にして飛ばす。壮観だ!
お客さんが紙飛行機を折っている間、ハロウィンの話。六本木へハロウィンパーティに行った佐藤さん、仮装のクオリティが高くてビックリした。仮装していない自分が恥ずかしくなったので、急遽買ってきて仮装。椎橋さんはイベントに興味はないけど、仮装は楽しそうだと思う。
好きな食べ物は佐藤さん納豆、椎橋さん伊達巻。得意料理は佐藤さんビーフシチュー。1週間休みがあったら?佐藤さんは藤森さんと忍さんと一緒に海外へ行きたい、椎橋さんはバイトしたい。学校が楽しくない人には好きな人を見つけるように勧める。嬉しかったことは佐藤さんは忍さんから会いたいとメールが来たこと、椎橋さんは後楽園のヒーローショー。好きな戦隊物の決めポーズ、椎橋さんがゴーカイレッドの腕組みポーズを。ヒーローショーの要請には、即座に佐藤さんが悪役になって高笑い、椎橋さんの必殺技は白ペンキ。次の単独は来年やりたい!

ネタは単独で作った取り立て。単独で用意されていた本棚はなくなっており、簡易バージョン。佐藤さんの寝間着姿に、可愛いとざわざわ。

エンディングには、ジェラードンがジェラー丼の告知に。…西本さんの代わりにソドムくんが。Hopの手売りに来ました!と言っていたが、本当はソドムくんお手製の御茶ノ水男子ステッカーを配りに来た。
ロビーで広げていたので、佐藤さんバージョンをもらってきた。公式より似てるよね。手作業で切ったのがわかる斜めっぷり。ご苦労様です。ありがとう。

終了後、恒例となった敗者のアカペラカラオケ。今回は佐藤さんが負けた。「Bad Romance」をオープニングからと、お客さんからのリクエストで嵐の「Happiness」のサビを。上手い。徐々にスポットライトが小さくなり暗転。

単独の話がたくさん聞けて良かった。本当に時間を掛けて頑張ったんだね。徐々に慣れてくるよ、きっと。来年もやると宣言してくれたので、また楽しみにしていよう。
ファンが若い子ばかりで浮いているような気もするけど、何事にも一生懸命で仲良しな御茶が大好きなので、私も頑張って見に行くよ。

拍手する

2 Responses to “御茶漬け”

  1. 七那

    レポありがとうございます!
    御茶は大好きなコンビの一つなんですが、地方民なのでどうしても彼らだけのライブは見られません。なのでこういったものが読めて本当に嬉しかったです!
    実は私、神保町でキュウリをやってた頃からこちらに来させていただいてたんです。
    同じクラスの子とも、このサイト様の話がきっかけで仲良くなりました。(彼女も以前からナオミさんのレポを読んでいたそうです)
    朝の通学電車の中で、ナオミさんのレポを読むのが毎日の楽しみです。
    突然こんな事書いてすみません; 今回勇気を出してコメントさせていただきました。
    これからもレポ楽しみにしております。乱文失礼しました!

  2. ナオミ

    御茶は少しずつ人気者になっていて、地方営業も徐々に入っているので是非に。
    レポきっかけで友達ができるって、なかなか無いですよね。架け橋になれたようで嬉しいです。
    行ったライブはすべてレポ書きますので、これからも見に来てください♪

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">