ピクとジョー

@神保町花月 17:45 F9

普段はトークライブと企画をやっているピクとジョー、今回は短編芝居。脚本は奇抜探偵先生の福田さん、演出は六連星先生の長内さん。客席は満員を超えて補助席まで出る盛況っぷり。

地鳴り。
起きてください!ちょっと、起きてくださいよ!
青年(ピクニック)が目覚めると、目の前にはおじさん(シューレスジョー)が立っていた。なんで僕の部屋で寝てるんですか!?え、友達の部屋で本を読んでいて…ここは?僕の部屋ですよ!泥棒に入ってうたた寝ですか、あいにくこの部屋には盗るものなんてありませんよ!いや、本当に友達の部屋で本を読んでいただけで…でも覚えてないとはいえ貴方の部屋で寝ていたのは事実ですよね。おじゃましました。玄関はあっちですよ。
青年はドアを開けて部屋を出て行く。残されたおじさんは考え込んでいる。あいつ…いや、そんなことは…。
ガチャ。おじさんの背後のドアが開き、青年が入ってきた。えっ!?

『Loop the Room』

青年がどちらのドアから出ても、反対側のドアから入ってくる。おじさんが追いかけてみても、やはり反対側のドアから入ってきてしまう。
2人は同時に両側のドアを開けた。…どうも。…どうも。
どうなってるんですか!?背中越しにドアを開けてお互いの顔が見えるなんて。自分の背中まで見えてましたよ!
部屋がループしてるんでしょうね。
そうだ、窓は!?窓を開けてみるが、外は1m先も見えないほど真っ暗だった。ここ、何階ですか?6階です。100万ドルとはいきませんが、それなりに夜景も見えるはずなのに。1階だって言われても、ここから飛び出す勇気はないですね。最終手段ですね…。
近くに知り合いとか住んでませんか!?そうか!おじさんがバッグからスマートフォンを取り出すと、青年は異様なまでに食いつく。え、それ、ケータイですか?最近変えたスマホですよ。ボタンが無い…。だからタッチパネルですよ。あれ、圏外だ!
この部屋を出られないってことですね。長期戦になるとキツいですね。食料ですか。ええ。キッチンにも行けないし…そうだ。おじさんがバッグからハッピーターンを取り出す。これで凌ぐしかありませんね。ハッピーターンだー!!!青年は大喜びで飛び上がる。これは緊急用だから大事に食べないとですね。しかし青年のお腹は鳴り、チラチラとハッピーターンを見ている。…もう食べてください。おじさんが青年に袋を渡すと、嬉しそうに食べている。
ハッピーターンは幸せが返ってくるって友達が言ってて、あ、僕が本を読んでた家の友達なんですけどね。そうそう!その友達わかってるなー!だから僕は言ってやるんですよ、幸せが一度どっか行っちゃってるじゃないかって。いやいや、また返ってくるからいいんですよ。

そういえば名前も名乗ってなかったですね。僕は藤井章永っていいます。…藤井…親戚に同じ名前の人いませんか?いませんよ!おかしいでしょう、同じ名前が親戚に2人もいたら。あなたは?僕は、飛山です。えー!ハッピーターン好きな友達も飛山っていうんですよ。飛山茂人?そうそう、なんだ、やっぱり知ってるじゃないですか!飛山茂人は俺だよ、藤井。
信じようとしない藤井に、飛山は免許証を見せる。なんだ、やっぱり偽物じゃん!更新日が未来になってる!
藤井、今日の日付は?2月11日だろ?何年だ?1998年だよ。…今は2013年だ。嘘だ!証拠は!?飛山は藤井の目の前に立って右手を挙げる。後ずさっていた藤井も右手を挙げ、テンポ良く手を叩き2人でクルリと回る。飛山ー!!!
15年後のおまえって、こんな感じなんだー…なんだよ、妙な顔して。…いや。
なあ、未来ってどうなってる!?パイレーツっているだろ?ああ、だっちゅ~のな!すげー可愛いよな!西本がAVデビューしたぞ。しかもそんなに話題になってない。えー!未来すげー!

藤井、聞いてくれ。真剣な表情になった飛山に、笑顔で立ち上がる藤井。
俺、死んでるんだろ?おまえの顔見てたらわかるよ。俺だってわかった瞬間、幽霊でも見るような目で俺のこと見てたしな。俺は15年後のおまえを知らないけど、おまえは15年前の俺を知ってるはずだ。この時代に俺はいないってことだろ?
何かを言いかける飛山を止める藤井。いいよ、歴史が変わっちゃうかもしれないしな。

地鳴り。
もしかしたら、ループが解けたのかもしれない。ドア開けてみようぜ。せーの。
2人が同時にドアを開けると、もう廊下は繋がっていなかった。
またループするかもしれないから、出るよ。俺はこっちに行く。おまえはそっちに行け。大丈夫か?そっちが2013年かもしれないぞ。そしたらパイレーツのAVでも見るよ!おまえこそ1998年かもしれないぞ。そしたら大儲けしてやる。俺は未来人だからな!おまえ、悪いヤツだなぁ。
藤井!もし過去に戻ったら、明日ハッピーターン買ってきてくれよ。ハッピーターン?帰ったらすぐ買いに行くよ。いや、明日がいいんだ。絶対に明日買ってこいよ!わかったよ。
片手を挙げて、藤井はドアを開ける。後ろ姿を見送り、飛山は反対側のドアの前に佇む。そのまま歩き去る。

起きろ!おい、起きろよ!
飛山が目覚めると、目の前にはスーツ姿の藤井が立っていた。
ハッピーターン買ってきてやったぞ。どうした?いや、夢を見てた。昔おまえ、俺がハッピーターン買ってこいっていう夢を見たって言ってただろ?ああ、俺の家に車が突っ込んだ日な。あれ15年前だぞ?それと同じ夢を見たんだよ。俺がおまえにハッピーターン買ってこいっていう夢。しかも相手が15年前のおまえなんだよ。おまえホントにハッピーターン好きだな。でもあの日ハッピーターン買いに行ってなかったら、俺死んでたよ。
そうだ、これ借りてきたぞ。藤井がバッグから取り出したのは、パイレーツのAV。一緒に見ようぜ。…は!?嫌だよ!そういうもんじゃないだろ!なんでだよ!一緒に見ようと思って借りてきたのに!
藤井は飛山の目の前に立って右手を挙げる。後ずさっていた飛山も右手を挙げ、テンポ良く手を叩き2人でクルリと回る。

お芝居終了!ここから2人のトーク。
前回の劇「かりんとう爺とマシュマロ坊や」から半年、そろそろやろうと企画したのが今回。前回は長内さん脚本、福田さん演出だった。今回は逆。福田さんがオープニング映像まで作ってくれた。いろんな人に迷惑をかけて、と申し訳無さそうな2人。
お互いの近況は?シューさんは吉本外のお芝居に出ていた。ピク兄は見に行き、頑張ったんだなぁと感動していた。身近な人が舞台に立ってる姿を見る機会はあまりない。出演者の知り合いで、名前を聞いたことあるような俳優が見に来ていたり。その頃ピク兄は、関町さんと押見さんの写真を見せ合っていた。何してるんですか!?
ピク兄は最近、ダイエットのためにプールに行っている。同じコースで泳いでいた男性2人組、水中で手を繋いで泳いでいた。どうやらゲイカップル。ことあるごとに点数を言い合っているので、自分たちの泳ぎに点数をつけるストイックなことをしているのかと思いきや、ピク兄の顔に点数をつけていたらしい。55点、50点、と微妙な評価。60点!と言い残して帰ったピク兄。もうそのプールには行っていないい。
ピクとジョー、次回で2周年。いつかヌルヌルローション相撲をやりたいと目論んでいるシューさん。おっさん2人のローション相撲なんて誰が見たいんだよ!?

1時間のライブで芝居部分が40分程度?トークが短くなってしまったけど、満員の客席からの大きな拍手が2人+2人への評価だね。脚本も演出もピク兄もシューさんも素晴らしい!
奇抜探偵への伏線になるかも?という前振り告知に釣られて見に行った。良い物を見た。さすがカフェオレ。奇抜探偵先生も六連星先生も良い物作るよね。あの短時間でハラハラドキドキ。
しかしラストでドアを開けずに出て行ったシューさんが気になる。夢だってわかってたってことかな。うーむ。
また2人芝居やって欲しいな。今回の集客を見ると、本公演でも充分埋まる。もちろん脚本演出は福田さんと長内さんで!

拍手する

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">