カミ×ワラ 第29回

@秋葉原ネ申TOWER 14:00

ゴールドラッシュが毎週開催しているトークイベント。今回はゴールドラッシュトークライブの巻。

2人のトーク回でお客さんが多いことに喜ぶゴルドラ。
マイクが近めの今日。ヒィーンとならないためにスタッフの協力を得た。が、リハでスイッチも入れてないのに、ヒィーンとならない!と喜んだ田邉さん。あなたバカですね!?利博は利口の利に博士の博って書くんですよ!?賢そうー!!!愚博ですよ!
単独は20日が完売したらしい。めでたい。土曜日が売れなかったら、最悪後輩芸人を詰め込んで完売と言い張る。稽古を嫌がるどいちゅーさん。おまえに会いたくないんや!!!
お互いの友達の話。田邉さんは二択。どいちゅーさんは瀬下さん。しかし瀬下さんは、田邉さんにも一緒に遊ぼうと誘ったりサバゲーの銃を借りたりしているらしい。ええっ!?と驚くどいちゅーさん。ポキポキ指を鳴らしている。
田邉さんはバカだし嫌なヤツだと思ってるどいちゅーさん。でもいいヤツでもある。先端恐怖症のどいちゅーさんを気遣って、どいちゅーさんを指差すときは顔ではなく体を指す。
ウルトラストリートファイター4の芸人ゲームチームが結成され、メンバーに入っている田邉さん。プロゲーマー等もいる本気のチーム。
ちょっと興味を示すどいちゅーさんに、ウチで合宿します?泊まりこみでもいいですよ!と誘う田邉さん。退部します!!!

劇ムゲと悪ト善の話。
バンドをやった2人。田邉さんのキャラは井上陽水ではなかったらしい。自分の中のキャライメージを口調に反映したらああなった。が、TEAM BANANAがツボにハマり、田邉さんこっち見ないでくださいと散々言われてしまった。
どいちゅーさんのベースは、ヒロチョさんが作った曲を椎橋さんとアレンジしつつ作っていった。キャスケットを被っている姿に、あざといけど可愛いと評する田邉さん。BECKのイメージ。
バンドマンはモテるという結論に達する2人。バンドは青春。
悪ト善では、更生して真面目になった渡辺役だった田邉さん。周りの福田さんと大さんがとんでもない髪型やメイクをするから、田邉さんが突っ込むしか無い。いじめられてる小西役のどいちゅーさんが大さんの手に付けられたお椀を見て、笑わないように耐えていた。
いじめられっ子といじめっ子、ゴルドラの2人は役が逆でも良かったのでは?という2人。どいちゅーさん本人なら周囲のほとんどに勝てる。しかし脚本の長谷川さんいわく、いじめられっ子が長身なのは違う。ラストの豹変をどいちゅーさんにやって欲しかった長谷川さん。
シホと付き合っていたという小西の言葉は虚言なのでは?等といろいろ解釈している2人。本番が始まってから、シホの日記を閉じずに踏むように演出を変えたどいちゅーさん。感情移入しすぎて、レイコとダザイを本当に殺したいと思っていた。レイコを刺した瞬間の、やっと刺せた!は本心から。
悪ト悪の「ト」の意味わかります?と長谷川さんに聞かれた田邉さん。ウラとも読めるから、表裏一体みたいなこと?と言ったら、じゃあそれで!と言われた。翌日、長谷川さんが占いって元々亀の甲羅を使ってやるから、それも意味ありますよ!と嬉しそうにしていた。

小学生の頃はサッカーをやっていた2人。自分は上手いと言いはる田邉さんに、冷たい目を向けるどいちゅーさん。とはいえ、市の選抜に選ばれて地元のケーブルテレビで試合を放送されたりしたことを聞くと、感心してくれる。
今ではキモオタですけどね!とどいちゅーさんが言うと、僕は違いますと否定する田邉さん。シュッとしてる方です。

NSC時代に田邉さんのおじいちゃんの家に遊びに行った。あまりにも熱い風呂に、じいちゃん皮膚ボケてるのか!と苦情を入れたどいちゅーさん。あの頃は尖っていた。
山には熊や猪が出没するので、どいちゅーさんにオススメという田邉さん。襲われるヤツじゃん。縄張りのために木の幹に爪痕を残す熊。田邉さんによる爪で削る擬音は「ジョリン」。

今回は会場の時間の都合か、アフタートークが15分程度で終わってしまった。残念。
とはいえ、2人のトークはホントに楽しい。どいちゅーさんの悪口をハイハイと受け流す大人っぷりを見せる田邉さんが語る武勇伝を呆れ顔で見るどいちゅーさんの関係性とか。可愛いとイケメンはお互いの公式設定なのですね。
単独まで2週間、稽古を嫌がっているどいちゅーさんがどうなっているのか、確かめに行くよ。楽しみだよ。

拍手する

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">