サトミツ・ねづっちのエンタメショー

@楽器cafe 19:00

スカパー!寄席チャンネル新番組の公開収録。会議室のような狭い会場に、そこそこ大きなカメラが入っているのがすでに面白い。楽屋は衝立の向こう側。

サトミツさん登場。新番組でサトミツ・ねづっちとあるのにねづっちさんはいない。いないから言うけど、普段からウマいこと言ってて正直キツいw
以前寄席チャンネルでやっていた番組は3ヶ月で終了。落語じゃなくお笑いの方が良いのでは?と新たに番組を作る。出演者のうちお客さんの拍手が多かった人は来月も出られるようにします。ただ今回で番組が終わった場合は全員が負けになる可能性も。
ねづっちさんの所属するあ・うんと、サトミツさんの所属するケイダッシュから若手を呼んでいる。あとはK-PRO枠で1組。ケイダッシュの事務所ライブでは、今日出演するヤーレンズにもハルカラにも負けたどきどきキャンプ。強く出られるのはマスオチョップだけです。ヤーレンズさんとハルカラさんです。

千葉チューセッツ、漫才、芸歴。12年目を愚痴る。ライブチケットのノルマは切ない。
12年目と5年目のコンビ。繊細すぎてストレスで髪が抜けたり耳が聞こえなくなったりする。養成所を点々として行き着いた先があ・うん。キーストンにいたこともあるという話に、友達いっぱいいたよ!ハマカーンとかマンションズとか!とテンションのあがるサトミツさん。

くるくる、コント、手術の約束。よくある設定だけど、その発想はなかった。少年役の人の表情がいいよね。
芸歴は千葉チューセッツの間。なので話すときはめんどくさい。元役者だけどお笑いだけの芸歴をいうので若手っぽい。舞台経験としては10数年にもなる。養成所時代にどきキャン単独を見に行き、面白いボケとかをメモしていた。だからコント面白かったんだね!!!とニコニコするサトミツさん。はい、あのメモが活きてます!でも俺らじゃ勉強にはならないよ…。

ジャパネーズ、コント、ジャンケン。2人がすれ違うのがやっとという奥行きの舞台で、ほぼ動けない状況でもウケるのはさすが。
K-PRO推薦枠、フリーの芸人という紹介。コントを見終わったサトミツさん、どっかでやってきてるでしょ!?コントしっかりしてるもん!大阪NSCということに驚く。東京っぽいよね。大阪でもずっと言われてきたようだ。東京が楽しいという2人。一緒に住んでいる。仲良いんだねぇ。そうですねぇ。広島出身のモネさん、お笑い文化は東京寄り。テレビで見ていた先輩方にライブでご一緒出来るのが嬉しい。方言が出ない2人。モネさんが関東弁でコントを書いてくるので、忠実に演じているアチャさん。ウチの事務所に入って売れてどきキャンをバーターで使ってください!

ハルカラ、コント、病院。会場の外にまで響き渡りそうな声量のコント。凄いパワーだ。
ヤーレンズとマスオチョップは僕が好きで呼んだけど、ハルカラはよくわからない。なんか合わない!と終わらせたがるサトミツさん。みんないっぱい喋ってくれてたじゃないですか!?静岡でバスガイドをやっていた。人前でしゃべる練習。学校のタレント科と俳優科で知り合った2人。試しにお笑いをやってみたら楽しくなって今に至る。

ヤーレンズ、漫才、楽器~占い~10回クイズ~英語~病院の先生。楽器cafeだから楽器ネタから。ホントかウソかまったくわからない情報を得るw
ジャパネーズと同じく大阪NSC出身。3,4年先輩。大阪でもこのスタイルだったので、ちゃんとやらんかい!しっかり突っ込まんかい!と怒られていた。出来上がってるよね!とサトミツさんも高評価。しかし出来上がってるからこそここからどうしていいかわからないと楢原さん。腐る前に食べちゃってね。腐りかけが一番美味しいんだよ、と出井さん。

マスオチョップ、コント、蛍の光。舞台の狭さと袖から直で出てくる構造を最大限に活かしていた。キャラ濃いし面白い。
サトミツさんお気に入りのマスオチョップ。事務所に面白い若手が入ってきたら話しかけに行く。先輩方にもマスオチョップ面白いよ!と広めているにも関わらず、事務所ライブで最下層から抜けられない。早く来てくれないと俺の評価が落ちるんだよ!芸人人生で今日が一番ウケました!汚いから人気がないのか?と悩むマスオチョップ。黒縁メガネで髪を下ろせば人気が出るのでは?と松本さん。ヤーレンズみたいなこと!?西園さんには黄色い服を来て可愛くなって欲しい。黄色は無理、青くらいなら着られる。

拍手で優勝者を決定。ジャパネーズ、ヤーレンズ、マスオチョップが拍手多め。最終的にヤーレンズが優勝。来月も出演する。

色物芸人コーナーで、バルーンアーティストのバルーン☆マリカさん。花かごとオラフを披露。華やかな作品にどよめきが沸き起こる。
サトミツさん、千葉チューセッツの心が弱い方こと松戸さん、ハルカラどっちか!と呼ばれて残った和泉さん。花の作り方を教わる。一気に空気が入るポンプに驚く3人。和泉さんは先生の手を借りなくてもそつなく作っていた。サトミツさんはたまに手伝ってもらうも、わりと自力で。松戸さんはほぼ先生作w見たものをそのまま実行できないっぽい。

エンディング。みなさんこれ生放送だったんですよ、覚えてました?新宿Fu-、シアターD、バイタスの感じが思いっ切り出てましたね!
次回については、ねづっちさんと僕とヤーレンズが出ること以外、何も決まっていません!

狭い会場と少ないお客さんとサトミツさんのゆるい感じがまとまってて楽しかった。ネタはみんな面白かったし、トークまで聞けるのはお得だわ。
ジャパネーズはこんな狭い舞台でジャンケンとはチャレンジしたねぇ。いつものネタなら終盤はすれ違って動き回るのだけど、その部分はバッサリ無くしてた。あの場でやってたら舞台から落ちてるわ。トークは2人だけだと流暢なんだけど、先輩と対峙すると緊張するのかな。なかなかに挙動不審だった。コントを関東弁で書いてるってのは初めて聞いた気がする。そうなのかー。
マスオチョップ、コントは初めて見たな。パーティタイムで漫才を見てるようだけど、どうにも記憶が無い。今日のは面白かったなー!他のネタも見てみたいな。ケイダッシュライブだと最下層なのか…なかなかしんどそうだ。
来月以降がどうなるのかサトミツさんもわかってなさそうだけどwまたジャパネーズが呼ばれたらいいな。

拍手する

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">