佐々木ユーキ第二回独演会「災いの元」

@恵比寿エコー劇場 15:00

今年もねじ単独の前に、それぞれがピンでライブ。今回は佐々木さんバージョン。舞台後部に机がひとつ。小物が並んでいる。落ち着いたクラシックっぽいBGM。

今年も雨、降らなかったですね。
気合いが入ってるライブとかお仕事のとき、雨が降るんですよ。
ツイてないんですよ、僕。稽古へ行く途中、乗っていた自転車で足を怪我。蕎麦が大好きなのに蕎麦アレルギーになった。
なんか悪いことしましたか僕!?…してるんですよ。

秋田の町の小さなお祭りに呼ばれたねじ。イベンターも入っていない、地元の人たちの手作りのお祭り。会長の素直でアツい話を聞いて、大爆笑してしまった佐々木さん。瀬下さんや周りの芸人に、オイ!と注意されても止まらない。
人を悪く言うと、災いが自分に返ってくるんですよ。口は災いの元。
言いたいことも言えないこんな世の中じゃ…。自問自答にお付き合いください。

女の子の、昨日見た怖い夢の話が一番嫌い!夢オチ確定じゃん。
お笑いライブに来ているお客さんにムカつくことも。お仕事で悪口言ってますからね!
大好きな虹の黄昏に対するお客さんの態度が気になる佐々木さん。スン!となってる人もいれば、肘上げてけ!のときに密かに一緒にやってる人もいたり。
誰が悪いのか決めたがるんだけど、悪いのは、僕の心なのかな。

悪いと思ってないことが悪なんですよ。天然ってムカつくよね!
天然の後輩に三脚を借りに行った話。ハッポウくんが東洋館でお年寄りにリクエストされた数珠。
大好きなキテレツ大百科の、コロ助のテストの話。ベンゾウさんの好きな女の子へのプレゼントの話。そんな女やめとけ!

作った物語のうち、ボツになってしまった話の出だしだけ、ショートコント形式で披露。
いいこと。キャッチボールする少年と、イイコトしない?と声を掛けたお姉さんの話。ボウヤ役、彼がハマりそうな役ですねぇ。
潜在能力。部員が追い込まれたときの能力を引き出したい監督による特訓。
かたつむり。雌雄同体のかたつむりは、出会った瞬間に雌雄を決める。どうやってもど下ネタしか思い浮かばない。
幻影巨乳団。いるんですよ。
キス。余命半年の彼女。これは最低すぎてダメですね!

僕はとても悪い人間です。赦しを乞いたいと思い、懺悔します。
トキヨアキイのヤバい女性に絡まれたときの話。本当にヤバい人だった。
ネット番組でネタをやり、佐々木さんが珍しくネタを飛ばしたときの話。瀬下さんが汗だくでネタを教えてくれる姿に大爆笑してしまった。
直す気がなかったらダメだよ!?

お気に入りの写真。VEGAさんがKOC1回戦で驚きの噛み方をしたあとの落ち込んでいる写真。大好きなんだよね~!とニコニコする佐々木さん。技術のある噛み方、溺れているみたいだった、スキャットマン歌い出したかと思った、という様々な評価。

その人のことを嫌いだと、その人のことを話すと悪い人に聞こえてしまう。
桃太郎。
ガラの悪い桃。隣のシマにつえーヤツいるからシメに行くべ!きびだんごも怪しい。白い粉じゃない!?鬼は何も悪いことしてないんだよ、家にいただけなんだよ。ボッコボコにして奪った金で作ったのがこのクラブだよ。
桃太郎さんにはペコペコする語り手。俺あいつ嫌いなんだよね。

人を悪く言うことしかできない。みんなが心の中で思ってる悪口を代弁するのが仕事です。みんなは僕のマネしないでくださいね!

純度100%の悪意!聞いてて気持ち良い!
ちょっとだけ思ってるけど、倫理的に、世間体を気にして、表に出せない悪意。それをまさに代弁してくれるのが佐々木さん。ちゃんと筋の通った理由がある悪口はスカッとするよ。例え自分が対象の中に含まれていようとも。そう見えてるのね…直そうかな…と思うw特にお笑いファンのことね!意外と見てるもんなのね。気をつけよう…。
桃太郎の解釈が凄すぎる。前回の海の中の生き物といい、基本的に登場人物がヤンキーだよねw嫌いな人種かつキャラに悪意を乗せやすいんだろうか。鬼ヶ島=隣のシマとか素晴らしいよ。どんぶらこが暴走音とかね!そう言われるとそう聞こえてくる不思議。
前回よりもトーク寄りの、トークと漫談の間くらい、衣装も机もカンペのノートも黒で統一しててスタイリッシュ。この黒一色の世界、好きだなぁ。来年もまたやってくれるかな。

拍手する

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">