劇団アルターエゴ66回公演「シンプル・レヴュー6」~愛に関するオムニバス~

@恵比寿エコー劇場 19:00 B10

声優の三ツ矢雄二さん主宰の劇団公演、これにトップリード新妻さんとidio2がゲスト出演するということで行ってきた。

開演前、小さなトランクを抱えたidio2登場。最前列が空いていることを悲しみ、来るお客さんにここ空いてる!とアピール。指定席です…。チュッパチャップスをひらひらさせてみたり、バルーンをぶら下げて催眠術に掛けてみたり。Hi2さんがバルーンで犬を作ってるときにようやくお客さんが来て、チュッパチャップスとともにそのままプレゼント。
けん玉の技を披露するこ~すけさん。Hi2さんがもっと凄い技に挑戦。何度か失敗して、こ~すけさんが横でガンバッテ!とソワソワ。
開演前のアナウンス中も、2人でちょこちょこマイム。スマホは捨てて踏み潰すらしい。非常口の点灯、のところでぶっ倒れるHi2さん。さりげなく手を使わずに起きるというパフォーマンスを披露。

Episode1『帽子屋さん』
idio2のステージ。帽子屋さんを経営しているこ~すけさん。お客さんとしてHi2さんがやってくる。ホウキ、効果音、消毒、半キャップ、ジョーズ、ハットとサングラス、アニメーションダンス、立ったままのホウキ、リング3本、リング5本、パリーン!
ちょっとストーリー仕立てになっていて、大道芸のidio2しか見たことないから新鮮だった。舞台で私服のHi2さんを見るとは。アニメーションのところでどよめいたねぇ。Hi2さんのダンスはやはりカッコイイ!こ~すけさんも指笛鳴らせるんだ?という新たな発見。真正面から椅子に座って彼らを見るなんて初めてだったから堪能した!

Episode2『クラッシュ・オン・ユー』
時間を確認する男、ナンパ?と訝しむ女。11時15分がやってくる。
いきなり新妻さんの1人芝居で始まって、おお…となる。トップリードのコントしか見たことなかったから、ゲストだってわかってても驚く。アドリブっぽいセリフも入れつつ、女優さんと2人なのに存在感が凄かった。

Episode3『約束』
三ツ矢雄二さんのソロ曲。ママを亡くした男の子。お父さんとの約束。
そうか、三ツ矢さんの生歌なんかも聞けちゃうのか。贅沢だ。さすがの声量と声色でビビる。子供の声がちゃんと可愛いのは凄いよなぁ。プロって凄い。

Episode4『クラブ』
オープンしたてのクラブにお客さんが来ない。情緒不安定な女性。たくさんの男たちがやってくる。私と恋愛しましょう!
かなり重めのLGBTが題材になっている芝居。感情の切り替えが凄まじい、ゲストの東内さんがド迫力。怖い…怖いよ…!形の違う愛が3組。ラストシーンの照明と4人の姿が美しかった。

Episode5『アーバン・ラブ』
ダンス!黒の衣装で踊るメンバーがカッコイイ。2の女役、4の姉役だった丸山さんが男装っぽいスタイリッシュな衣装でとてもカッコ良かった。

Episode6『スタイリッシュコメディー』
idio2の通常ショー。ハットをキャッチ。ディアボロをやってるこ~すけさんの横でヨーヨーを取り出すHi2さん。手に人。カバンでマイム。ハットをお客さんに投げてもらって頭でキャッチ。マジックからのシェーカーカップ。けん玉…2個、3個!?ハット、デビルスティック、三角コーン。ハット、客上げでハット。
これこれ、これが見られると安心する。舞台だからこそ、シェーカーカップがプラスチックだったりコンパクトにまとまってたりしたけど。初めて見るパフォーマンスもいくつか。こ~すけさんがポチ袋をジャケットに入れ忘れたっぽくて、ああ~!って叫んでたり、ハットで失敗しまくってたHi2さんが自ら初心者マークを首から下げたり、その後に失敗続きになったこ~すけさんに初心者マークを渡したり。幕が閉まる中でお辞儀していた2人、こ~すけさんが最後に土下座していたw

Episode7『始発の心』
駅のベンチに座っている女。隣に座ってくる男。人の考えていることが読めるエスパーなんだ。
2と同じく男女1人ずつの2人芝居。女性の方がずっと無言で表情と仕草だけで演技している。エスパーの解説があるとはいえ、ちゃんと伝わってきて楽しい。

Episode8『1968』
ストリップ小屋の踊り子、マリアと高校時代の恩師、神田先生の物語。ゲストの2人が主演というなかなかに攻めた配役。
北海道出身だったり、ロマンチックで退廃的だったり、過去と現代を行き来したり、トップリードのコントを見ているようだった。マリアが東内さんじゃなく和賀さんだったらなぁ、とか考えちゃうあたりトップリードが好きなんだなと実感。丸山さんの衝撃的な役が凄い。あと三ツ矢さん。インパクト!

Episode9『フィナーレ』
三ツ矢さんの歌、そして白の衣装で踊るメンバー。idio2も途中で入って一緒に踊ったり、新妻さんと東内さんも登場。
全員が白の衣装というインパクト。カッコイイな!idio2の白衣装を見ると、いでぃおっぴねーしょんを思い出してニコニコしちゃう。こ~すけさんが踊ってるとハラハラするけど。踊れてたはず…。Hi2さんのダンスは文句なしにカッコイイ!ズルい。

劇団のお芝居というのはほとんど見たことがなくて、だいたいこうやって好きな人が客演してるのを見に行くくらい。三ツ矢さんはもちろん知ってるし、新妻さんとidio2が共演という他では見る機会がなさそうな公演だったので見に行ってみた。
前説からidio2で楽しいし、地面じゃなくて椅子に座って見られるのはなかなかに快適だった。idio2の舞台公演も見てみたくなった。ストーリー仕立て楽しいな。とはいえ、帽子屋さんならストリートでも出来そうではあるかな。音響がいれば。見たい!
idio2のときの拍手手拍子歓声は、ちらほら紛れているファンが先導していた模様。私も隣の男性は明らかに劇団ファンだったけど、関係なしにいつも通りの反応を。意外とつられて手拍子とかやってくれるもんだね。
去年も出ていたようで、確かにidio2を知ったばかりの夏頃に告知を見ていたような気はした。あのとき見ておけば!好きなものはちゃんと見に行くようにしないとね。
日によって配役が違うようで、そういえばゲスト出演が無いところは誰がやるんだろう?という素朴な疑問も。特に1968なんか今日はメイン2人がゲストだったからなぁ。気になる。
次のシンプル・レヴュー公演にもidio2は呼ばれるだろうか。もし出るならまた見に行こう。

拍手する

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">